知恩院

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    知恩院サイト内リンク
    知恩院(古門)知恩院総門(新門)知恩院(南門)知恩院(三門)知恩院(本堂・阿弥陀堂・霊塔)知恩院(黒門)知恩院(納骨堂・経堂)知恩院(大鐘楼)知恩院(勢至堂・法然上人拝殿・御廟堂)知恩院(濡髪大明神・千姫の墓)

    知恩院
    [知恩院は、浄土宗の宗祖・法然房源空(法然)が東山吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に営んだ草庵をその起源とする。法然は平安時代末期の長承2年(1133年)、美作国(岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り、15歳で僧・源光のもとで得度(出家)する。18歳で比叡山でも奥深い山中にある西塔黒谷の叡空に師事し、源光と叡空の名前の1字ずつを取って法然房源空と改名した。法然は時代の高僧・善導の著作『観無量寿経疏』を読んで「専修念仏」の思想に開眼し、浄土宗の開宗を決意して比叡山を下りた。承安5年(1175年)、43歳の時であった。「専修念仏」とは、いかなる者も、一心に弥陀(阿弥陀如来)の名を唱え続ければ極楽往生できるとする思想である。この思想は旧仏教側から激しく糾弾され、攻撃の的となった。法然は建永2年(1207年)には讃岐国(香川県)に流罪となり、4年後の建暦元年(1211年)には許されて都に戻るが、翌年の1月、80歳で没した。法然の住房は現在の知恩院勢至堂付近にあり、当時の地名を取って「吉水御坊」「大谷禅坊」などと称されていた。ここでの法然の布教活動は、流罪となった晩年の数年間を除き、浄土宗を開宗する43歳から生涯を閉じた80歳までの長きにわたり、浄土宗の中心地となった。ここに法然の廟が造られ、弟子が守っていたが、嘉禄3年(1227年)、延暦寺の衆徒によって破壊されてしまう。文暦元年(1234年)、法然の弟子にあたる勢観房源智が再興し、四条天皇から「華頂山知恩教院大谷寺」の寺号を下賜された。その後も永享3年(1431年)の火災や応仁の乱などで焼失するが、その都度再興されている。現存の三門、本堂(御影堂)をはじめとする壮大な伽藍が建設されるのは江戸時代に入ってからのことである。浄土宗徒であった徳川家康慶長13年(1608年)から知恩院の寺地を拡大し、諸堂の造営を行った。造営は2代将軍徳川秀忠に引き継がれ、現存の三門は元和7年(1621年)に建設された。寛永10年(1633年)の火災で、三門、経蔵、勢至堂を残しほぼ全焼するが、3代将軍徳川家光のもとでただちに再建が進められ、寛永18年(1641年)までにほぼ完成している。徳川家が知恩院の造営に力を入れたのは、徳川家が浄土宗徒であることや知恩院25世超誉存牛(ちょうよぞんぎゅう)が松平氏第5代松平長親の弟であること、京都における徳川家の拠点とすること、徳川家の威勢を誇示し、朝廷を牽制することといった、政治的な背景もあったと言われている。
    知恩院の境内は、三門や塔頭寺院のある下段、本堂(御影堂)など中心伽藍のある中段、勢至堂、法然廟などのある上段の3つに分かれている。このうち、上段が開創当初の寺域であり、中段、下段の大伽藍は江戸時代になって徳川幕府の全面的な援助で新たに造営されたものである。
    国宝建造物
    ●本堂(御影堂)(附:歩廊)
    ●三門
    重要文化財建造物
    ●大方丈(附:玄関及び歩廊) – 本堂の右手後方に建つ。寛永18年(1641年)に建立された檜皮葺き・入母屋造りの華麗な書院建築で、54畳敷きの鶴の間を中心に狩野一派の筆になる豪華な襖絵に彩られた多くの部屋が続く。
    ●小方丈(附:歩廊) – 大方丈のさらに後方に建つ。大方丈と同じ寛永18年(1641年)に建立された建物で、襖には狩野派の絵が描かれているが、大方丈に比べ淡彩で落ち着いた雰囲気に包まれる。東側の庭園は「二十五菩薩の庭」と呼ばれ、阿弥陀如来が西方極楽浄土から25名の菩薩を従えて来迎する様を石と植込みで表現したものである。
    ●集會堂(しゅえどう)(附:玄関) – 寛永復興期の建築
    ●大庫裏(おおぐり)(附:歩廊及び玄関)- 雪香殿とも称する。寛永復興期の建築
    ●小庫裏(こぐり)(附:歩廊) – 寛永復興期の建築
    ●唐門 – 寛永復興期の建築
    ●大鐘楼
    ●経蔵
    ●勢至堂
    遠景(左三門、右本堂、後方比叡山)・wikipedia-phot、大方丈(重要文化財)・wikipedia-phot、大方丈(左)と小方丈(奥)・wikipedia-phot、山亭と庭園・wikipedia-photo、多宝塔・wikipedia-photo、方丈庭園 二十五菩薩の庭・wikipedia-photo、友禅苑・wikipedia-photo  (wikipedia・知恩院より)]

    知恩院公式ホームページ

    知恩院境内図

    知恩院宿坊 – 「知恩院和順会館

    知恩院和順会館-宿坊 – 宿坊研究会

    「知恩院、方丈庭園」 – 絶景かなドットコム(京都)」、「知恩院 方丈庭園 紅葉 見ごろ 意外と知られていない京都紅葉の」、「知恩院 友禅庵から方丈庭園へ!2014年 – フォートラベル

    知恩院資料リンク
    都名所図会」・「巻之三 左青龍再刻 知恩教院 (知恩院・一枚目)」、「巻之三 左青龍再刻 知恩教院 (知恩院・二枚目)」、「巻之三 左青龍再刻 華頂山大谷寺知恩教院 (知恩院・解説一枚目)」、「巻之三 左青龍再刻 華頂山大谷寺知恩教院 (知恩院・解説一枚目)」、「巻之三 左青龍再刻 華頂山大谷寺知恩教院 (知恩院・解説一枚目)
    知恩教院 (知恩院・一枚目)(拡大図)

    都林泉名勝図会」・「巻之二 知恩教院 (知恩院・一枚目)」、「巻之二 知恩教院 (知恩院・二枚目)」、「巻之二 知恩院御忌詣 (知恩院・三枚目)」、「巻之二 知恩教院 (知恩院)解説
    知恩院御忌詣 (知恩院・三枚目)(拡大図)

    [知恩院 御忌詣
    たはやめかここに行かふ袖の色や都の花のはじめ成らん  伴蒿蹊
    大師のたた木にしめし玉ひしをおもふ
    御忌にきよ目のさめたらむほどの衣  七段越八丸]

    花洛名勝図会」・「東山之部 二 知恩教院 (知恩院・一枚目)」、「東山之部 二 其二 (知恩院・二枚目)」、「東山之部 二 (其三) (知恩院・三枚目)」、「東山之部 二 鐘楼洪鐘 (知恩院・四枚目)」、「知恩院本堂前茶所 (知恩院・五枚目)」、「東山之部 二 華頂山知恩教院 (知恩院)解説
    知恩院本堂前茶所 (知恩院・五枚目)(拡大図)

    [知恩院本堂前茶所
    近年此茶亭を創建有て、結構他の及ぶ所にあらず。されば元祖大師の龕前に詣づる輩は必ここに憩ふ事と成て、春秋の麗日はいふも更なり、例歳正月十九日より一七ケ日の御忌大法会には都下の婦女子衣裳くらべとて、綺羅びやかに出立ち、粉雪の翻るをも物とせず、往来ふ光景今は此亭の壮観にして、さなから錦上に花をそふる如くなるもこれ偏に、仏法東漸国家太平の瑞と謂ふべからんかし。
    よし水の鐘ひびくなりいくわれもかすみに苔のきぬくらべせん・太田垣蓮月]

    都名所画譜」・「巻之下 知恩院山門 (知恩院)

    年中行事大成. 巻之1-4 / 速水春暁斎 画図」・「知恩院御忌詣之図」(1-49)、「其二」(1-50)、「知恩院御忌解説-1」(1-52)、「知恩院御忌解説-2」(1-54)[知恩院・御忌大会(ぎょきだいえ)]

    国立国会図書館デジタル化資料 – 浪花百景付都名所」 – 「都名所之内 知恩院本堂の傘を見る