竹中精麦所水車水路跡

マーカーは竹中精麦所水車水路跡です。

竹中精麦所水車水路跡
[竹中精麦所水車水路跡は、京都府京都市左京区にある大正時代の水車動力による精麦所の水路跡。
この水路は琵琶湖疏水明治23年に完成し、同年に水車用水使用申請第2号として明治24年に第1号・2号同時に許可された水路である。 1917年(大正6年)、竹中精麦所の竹中亀吉が4代目の所有者となり、精麦所の直径5m近い大水車を回すために用いられた。三条通からも臨めた水車の巨大さに、通称「水車の竹中」と呼ばれ親しまれていたという。商標は「司麦」を用いていた。琵琶湖疏水と白川の分水点下流近くに位置しているが、水の取り入れは白川ではなく琵琶湖疏水から直接行われている。
稼働していた当時は水量もあり、その水車動力を用いて精麦、精白の臼を24時間稼働でついていた。麦は精麦後俵詰めされ、卸す問屋も営んでおり、脚気予防に注目した陸軍省等も顧客としていた。工場からの積み出しは、初期には荷馬車、後期は三輪トラックが用いられた。
食料管理令の強化等を理由として1940年(昭和15年)に工場は閉鎖された。
往事、周辺の岡崎、夷川一帯には、同様の疎水を利用した水車及び水路は数多くあったが、ほぼ全て暗渠となり、原型をとどめる水車水路としては唯一のものとなっている。町工場による疏水の水力利用の歴史を伝えるものとして、産業遺跡としての保存運動が行われている。
施設
水路の他に、手前に工場跡の空き地、北側に住居家屋、周囲に従業者の住居等が残されている。また、南に少し下った水路脇にある三谷稲荷社は、水路と一帯の安全祈願のために祀られたものである。
周辺環境
●水車の竹中径 – 精麦された俵を運ぶ荷馬車が通った白川沿いの通路は、現在「水車の竹中径」と名付けて、歴史景観を保存しようとする活動が行われている。
●白川にかかる一本橋(※通称・もっこ橋) – 精麦所少し北、白川にかかる名前のない一本橋は、対岸(左岸)のマンションがニチレイの工場であったころ、製氷に利用されていたおがくずを右岸の広場に干しに行く際に、利用されたもの。
●白川児童プール – 琵琶湖疎水〜白川分水地点直下流に存在する、川をせき止めてプールにするための堰。1958年(昭和33年)に設置され、地域の子ども達に親しまれたが、昭和40年代に水質悪化のため使用禁止となった。
竹中精麦所跡地(手前の広場)・wikipedia-photo、竹中精麦所水車水路跡・wikipedia-photo、白川にかかる一本橋・wikipedia-photo、「白川児童プール、写真左に見える右岸の道が水車の竹中径」

  (wikipedia・竹中精麦所水車水路跡より)]

[水利用生業施設
竹中家住宅
所在地 – 京都市左京区岡崎円勝寺町57-7,57-13,59-14,57,59-1
 大正5年(1916)に中亀吉が現在地を購入し,以前より操業していた水車を引き継いだ。屋敷は主屋と水車を設けた工場棟からなり,疏水から通水した水路を利用して製麦業を行っていた。戦時中に水車を廃業し,戦後は貸家業を営んでいた。現在,工場棟の東半分は取り壊されているが,水路を含め,水車を操業した当時の構成が残されている。  (「5 京都岡崎の文化的景観 重要な構成要素一覧 – 京都の文化遺産・水利用生
業施設 7
」より)]

まち歩き左0201 水車の竹中みち と もっこ橋 – アートプラス京めぐり」、「白川を歩く 仁王門通から三条通へ: 京都を歩くアルバム」「ぼく明日/京都ロケ地等紹介(2)-白川沿い : 街と酒場の別館

白川児童プールの堰跡

カメラ位置は白川にかかる一本橋(※通称・もっこ橋)で、カメラ西南西方向が竹中精麦所跡になります。また、カメラ北北東方向白川に白川児童プールの堰跡が見えます。

竹中精麦所水車水路跡案内板

カメラ西南西方向が「三谷稲荷社」で、手前に「水車稲荷社」の碑が建てられています。この先で水車への水路が白川に合流します。

水車水路の白川への放流手前のカメラです。