総本家にしんそば松葉

マーカーは総本家にしんそば松葉です。

総本家にしんそば松葉
[文久元年(1861)、初代松野与衛門が、現在の南座向かいにあった北座で芝居茶屋を誕生させ、屋号を「松葉」としました。明治15年2代目松野与三吉により、「にしんそば」を発案するに至りました。
もともと、みがきにしんは京の人々にとっては大切なタンパク源であり保存食でした。2代目松野与三吉はこのにしんとそばを合わせることで、栄養バランスのとれた「にしんそば」を世に送り出したわけです。
以来100有余年、松葉のにしんそばは、京の代表的な味として親しまれてきました。その伝統の味わいは今も変わることなく広くご賞味いただいております。
物流の少ない時代、四方山に囲まれた京都は、新鮮な海の幸には恵まれることも少なく、朝廷への貢物も干魚類が主でした。特に『にしん』『たら』は代表的な魚類で、町衆も干魚類をタンパク源として好んで常食していました。松葉では明治の初めいろいろ苦心の末、2代目松野与三吉は『にしん』と『そば』の組合わせに成功し、『にしんそば』として売出したところ、一躍洛中洛外にその味と風味が流布されました。
松葉では今も伝承の味付け・製法を守り、京名物の名を恥ずかしめないよう、吟味に吟味を重ね、丹精込めて調製しております。おかげさまで『にしんそばと言えば松葉』といわれるほどごひいき戴くに至っております。  (「松葉とにしんそば – 京都 総本家にしんそば・松葉」より)]

[海のない京都では古来より身欠きニシンが貴重な栄養源として食されていたそうです。そのニシンと蕎麦をあわせて栄養バランスの良い食事として売り出したのがこの総本家にしんそば「松葉」さんだとのこと。
四条と川端通りの角、南座の一角にある超有名店だけにこれまで入る機会がなかったのですが、たまたま14時頃まで食事ができなかったので入ってみることに。
やはり初めてのときは定番のにしんそば(1200円)を食べてみないと。でもお腹がすいていたので大盛り(+200円)を注文。まぁ、普通に美味しい蕎麦でした。大盛りはちゃんと大盛りでした。お腹一杯w  (「京都総本家にしんそば「松葉」のにしんそば – 釣りぶネット倶」より)]

総本家にしんそば松葉 – 食べログ

総本家にしんそば 松葉 本店 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が総本家にしんそば松葉です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*