翆紅館跡

マーカーは翆紅館跡です。

翆紅館跡
[翠紅館は,正法寺の子院であったが,眺望に優れたので,庶民の遊興や文人の詩歌・書画会などの貸席として使われ,叔阿弥と称した。天保年間(1830~44)に西本願寺の所有となり,荒廃していた庭園を整備,書院を新築して翠紅館と称した。幕末勤王の志士の集会所となったことから有名になった。文久3(1863)年正月や同年6月等に,反幕府勢力の各藩志士代表者の会議がもたれ,攘夷の具体策が検討された。これを世に翠紅館会議といった。この石標は翠紅館の跡を示すものである。現在は料亭として使用されている。
所在地 東山区桝屋町
位置座標 北緯34度59分56.7秒/東経135度46分52.5秒(世界測地系)
建立年 1968年
建立者 京都市
寸 法 高120×幅18×奥行18cm
碑 文
[北]
翠紅館跡
[東]
昭和四十三年十一月 京都市
調 査 2002年2月14日  (「HI006 翠紅館跡 – 京都市」より)]

ミシュラン2つ星「京大和」が、高台寺横にホテルを建設!竹中工務店の

翆紅館資料リンク
花洛名勝図会」・東山之部 六 霊山翆紅館 (翆紅館)東山之部 六 翆紅館解説
霊山翆紅館 (翆紅館)(拡大図)

[霊山翆紅館
ここは往古東光寺の旧地とかや。苑中広莫にして池あり林あり。亭■枚挙すべからず。故に唯其一班を拝写するのみ]

カメラ南南西方向に翆紅館跡碑と駒札があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*