良恩寺(導引地蔵)

マーカーは良恩寺です。

良恩寺(導引地蔵)
[京都市東山区粟田口鍛冶町、粟田神社と仏光寺本廟の間にある良恩寺は、通常非公開寺院の小さなお寺ですが、エピソード的に話題がある寺院でもあります。
さて、良恩寺は、山号を華頂山(かちょうざん)という浄土宗西山禅林寺(総本山は永観堂禅林寺)に属する寺院です。創建は永禄年間(1558~70)とされ、元治元年(1864)に刊行された「花洛名勝図会」は、元々は天台宗寺院で、中世になって浄土宗に改め、その後青蓮院に属したと記します。また一説には、周辺地域にこの寺院に関連する名前が多いことや付近から金紋の瓦が出土することなどから、かつては広大な敷地を有する寺院だったという説を記しています。
本堂に祀られる像高三尺(約九十センチ)の阿弥陀如来坐像は、小野篁(おののたかむら)作と伝わり、地蔵堂(導引地蔵堂)に祀られる地蔵菩薩像は、伝教大師の作とも伝わり、「導引地蔵(みちびきじぞう)」の名前で知られています。この「導引地蔵(みちびきじぞう)」という名前の由来ですが、「花洛名勝図会」も少し記していますが、かつて背後の華頂山(東山三十六峰の一つ)に火葬場があったことが関係しているようで、良恩寺はこの火葬場を管理し地蔵堂の前で葬者に引導を渡していたことから、この地蔵尊は導引地蔵と呼ばれるようになったといわれます。また、良恩寺は、寺宝として豊臣秀吉ゆかりの「手取釜」を所蔵します 。  (『「導引地蔵」として知られるお寺(良恩寺) – 京都を感じる日々古今往来 …』より)]

花洛名勝図会」・東山之部 二 良恩寺東山之部 二 良恩寺解説

良恩寺 – Google Map 画像リンク

良恩寺山門前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*