芬陀院

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    芬陀院
    [芬陀院(ふんだいん)は京都市東山区にある臨済宗東福寺派大本山・東福寺塔頭(たっちゅう)である。雪舟が作庭したという庭園があることから雪舟寺とも呼ばれる。
    歴史
    元亨年間(1321年~1324年)、一条経通が父一条内経のため、東福寺開山円爾(聖一国師)の法孫にあたる定山祖禅(じょうざんそぜん)を開山として創建。以後、今日まで摂関家の一家である一条家菩提寺とされる。院号は内経の法号「芬陀利華院」にちなむ。元禄年間(1688 – 1704年)、一条兼輝によって再興された。宝暦5年(1755年)の火災後、恭礼門院の旧殿を移築している。
    建造物
    ●書院 – 宝暦5年(1755年)の火災焼失後に桃園天皇の皇后・恭礼門院の御所の一棟を下賜され,移築したもので、明治32年(1899年)に改築された。
    ●図南亭(ずなんてい) – 昭和44年(1969年)に茶道に造詣の深かった一条恵観(昭良)の三百年忌に当り再建された茶室で、露地には恵観ゆかりの手水鉢と灯籠が残されている。
    ●唐門
    庭園
    画聖として知られる雪舟が作庭したと伝わる枯山水庭園で、元禄と宝暦の火災などにより一部荒廃したが,昭和12年(1937年)に重森三玲(しげもりみれい)により復元された。
    鶴亀の庭

    図南亭から望む東庭

      (wikipedia・芬陀院より)]

    芬陀院 – Google Map 画像リンク

    カメラ南方向が芬陀院山門です。

    芬陀院庫裏玄関前のカメラです。

    カメラ南南西方向が南庭(鶴亀の庭)、東北東方向が東庭です。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *