荘厳院

マーカーは荘厳院です。

荘厳院
[大年山荘嚴院は元、法性寺五大堂の一つでありましたが、文永年中(1264~75年)南山士雲大和尚(東福寺開山 聖一国師の法弟)により、東福寺の塔頭として禅刹に改められ開山いたしました。南山大和尚は臨済宗聖一派の僧。聖一派の2大門派のひとつである荘嚴門派を興し,純粋禅を挙揚しました。南山士雲在世の当時には日本全土に百六十四ヶ寺の末寺を有し、現在なお四十余ヶ寺を有します。南山大和尚は足利尊氏の要請によって鎌倉に入り、名刹 建長寺二十世、円覚寺十一世を歴住し祟寿寺、寿福寺両山を開創して開山をおこなうなど、鎌倉武将の師範となり鎌倉武士道に多大の貢献をしました。のちに帰洛し延慶3(1310)年には東福寺第十一世となり、自ら荘嚴院を隠棲終焉の所と定め建武二年(1335年)10月7日入寂されました。世寿八十。  (「荘厳院(京都府京都市東山区)公式ホームページ」より)]

都林泉名勝図会」・巻之三 荘厳院巻之三 荘厳院解説

荘嚴院 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が荘厳院山門です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*