西行庵

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    西行庵(さいぎょうあん)
    [西行法師(1118~1190)は、平安末期末期の僧侶であり、新古今和歌集の代表的歌人の一人である。出家する前の俗名を佐藤義清(さとうのりきよ)といい、もと鳥羽上皇北面の武士であったが、保延(ほうえん)6年(1140)に出家し諸国を行脚(あんぎゃ)して全国各地の風光明媚な自然を愛で和歌を詠んだ。
     この地は、西行が「蔡華園院」(さいかえんいん)を営み、終焉の地であったところと伝えられている。明治時代中頃には荒廃を極めていたが、明治26年(1893)に、富岡鉄斎(とみおか てっさい)が勧進文(寄付を呼びかける文)を書き、庵主小文法師(こぶんほうし)が浄財を募り、当時の京都市長内貴甚三郎(ないきじんざぶろう)らの尽力により再建されて現在に至る。
     当庵は、母屋「浄妙庵(じょうみょうあん)」、茶室「皆如庵(かいにょあん)」からなる。茅葺(かやぶき)きの母屋は、大徳寺塔頭真珠庵の別院を移したものである。皆如庵は、北野の久我(こが)別邸より移された桃山時代の名席で、円窓床(えんそうどこ)と道安囲(どうあんがこい)の点前座(てまえざ)が有名である。
     願はくは 花の下にて 春死なむ その如月(きさらぎ)の 望月(もちづき)の頃 西行(山家集)  京都市  (京都市案内板より)]

    西行法師蔡華園院旧蹟(さいぎょうほうしさいかえんいんきゅうせき)
    [蔡華園院は双林寺の塔頭であった。『都林泉名勝図会』巻二に「近年双岡頓阿の古蹟蔡華園院を西行庵に遷し」と記す。この石標は,西行法師ゆかりの双林寺塔頭蔡華園院の跡を示すものである。
    所在地 東山区鷲尾町(西行庵内)
    位置座標 北緯35度00分06.5秒/東経135度46分51.4秒(世界測地系)
    建立年 1928年
    建立者 京都史蹟会・三宅安兵衛遺志
    寸 法 高133×幅18×奥行18cm
    碑 文
        [北]
        西行法師蔡華園院之旧蹟
        [東]
        京都史蹟会建
        [南]
        昭和三年十一月 禀京都三宅安兵衛遺志建之
    調 査 2002年2月14日  (「HI035 西行法師蔡華園院旧蹟 – 京都市」より)]

    [通常拝観
    ここはかの西行法師が晩年を過ごした庵の遺構です。萱葺きの建物の先に門があり、ここから入ります。細いお庭が続き右手には、母屋の一部であるお茶室“浄妙庵”とその露地があります。さらに奥に並んでお茶室の“皆如庵”があり、露地庭園の苔がきれいです。最奥には“西行堂”があります。通常はすべて外観のみでここまでです。  (「西行庵1 通常拝観(東山中央散策20) – Amadeusの「京都の … 」より)]

    西行庵資料リンク
    都名所画譜」・「巻之下 西行庵

    西行庵 – Google Map 画像リンク

    カメラ南方向茅葺門が拝観口で、門右に西行法師蔡華園院旧蹟があり、門奥には西行堂があります。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *