観亀神社

マーカーは観亀神社です。

観亀神社(祇園東)
[現在も祇園東で火伏せ(防火)の神様として崇められている観亀神社は膳所藩の中庭にあったもので、今のお茶屋組合に伝えられる由来では膳所藩の本多康慶の子、康命が御所火の番の藩内で火事を出せば恐れ多い、火伏せの神、遠州秋葉山の秋葉権現に勘請せよとの父の遺言により享保三年(1718)に膳所茶臼山に勧請し、さらに御分霊をこの地に求めたもので、創建当時付近は竹やぶでこれを切り開く時亀がでてきて喜んだ故事によるものです。  (「祇園東ぞめき 四 : 花街ぞめき」より)]

[今朝(2月21日)、祇園町北側にある観亀神社で二の午祭が斎行され、祇園東お茶屋組合の関係者はじめ、舞妓さん・芸妓さんが参列されましたので、行って参りました。祇園東では「観亀さん」と呼ばれていますが、二の午祭・大祭・お火焚き祭では、祇園東お茶屋組合等の皆様が「誰もが安全安心に暮らせ、近辺が繁栄・発展する」ように祈願します。  (「祇園東の舞妓さん・芸妓さん@観亀神社二の午祭。: 朝は知恩 …」より)] 

カメラ北方向が観亀神社です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*