豊国廟

マーカーは豊国廟です。

豊国廟
[豊国廟(ほうこくびょう)は豊臣秀吉の墓所である。豊臣秀吉の死後間も無く作られた豊国廟は、現在の京都市東山区阿弥陀ヶ峰の太閤担(たいこうだいら)といわれる広場のところである。阿弥陀ヶ峰の中腹には秀吉を祀る豊国神社(現豊国神社・1880年(明治13年)、方広寺大仏殿跡地に再興)が創祀されていた。建設当時の豊国廟は、豊臣秀吉の死後に徳川家康に破壊され、明治13年(1880年)に修築が行われるまで300年ほど放置されていた。現在の豊国廟は、拝殿から563段の石段を登ったところに墓所の大きな石塔が存在する。
阿弥陀ヶ峰山中腹にある唐門と山頂に続く石段

豊国廟(豊臣秀吉の霊廟)

  (wikipedia・豊国廟より)]

秀吉のお墓「豊国廟」へのなが~い階段 私のひとりごと/ウェブリブログ

(Google Earth-PhotoGoogle Earth-Photo)

豊国廟 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は女坂口で、カメラ東北東方向に「豊国廟参道」の石柱があります。(Google Maps)

カメラ東方向が豊国廟大鳥居で、その右道が新日吉神宮参道になります。(Google Maps)

カメラ位置は豊国廟拝殿東側で、カメラ東南東方向が豊国廟参道になります。

カメラ位置は豊国廟中門で、カメラ東方向が豊国廟参道です。

豊国廟内のカメラです。