釜ヶ淵

マーカーは釜ヶ淵です。

釜ヶ淵
[高瀬川がかつて、京都伏見を結ぶ運河であった頃は、現在の鴨川合流点のやや上流側で鴨川を東へ横断したのち、一部区間で竹田街道と並行、濠川と合流し伏見港を経て宇治川に合流していた。
現在、鴨川以南は東高瀬川と呼ばれ、上記高瀬川や鴨川とはつながっておらず、雨水等を水源とする河川となっている。また、疏水放水路と合流して直接宇治川に流れ出ており、濠川とは合流していない(東高瀬川において、宇治川に直接つなげるために整備された部分を新高瀬川と呼ぶこともある)。
昭和10年(1935年)に起きた鴨川大洪水のあと、鴨川の河川改修の一環として鴨川の川底の浚渫が行われ、鴨川の川底が2m程度低くなった。そのため、高瀬川が北から鴨川に流入する地点は十条通付近まで移され、また一方で鴨川横断点の下流側(東高瀬川)では鴨川からの取水が不可能となり、高瀬川は分断されることとなった。 その後1999年に、京都市営東松ノ木団地の建設により、高瀬川流入点がやや北(九条通寄り)に移された。
鴨川流入地点の水門用建物(十条通北)・wikipedia-photo  (「高瀬川_(京都府)」より)]

カメラ位置は十条通に架かる陶化橋で、カメラ北北東方向・鴨川左に水門用建物があります。そこが、現在の高瀬川の川口になります。その付近が釜ヶ淵と呼ばれていました。

カメラ位置は高瀬川の水門上流で、カメラ方向が釜ヶ淵と呼ばれていました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*