鍵善良房

マーカーは鍵善良房です。

鍵善良房
[創業時期は特定できていませんが、享保11(1726)年と記された漆塗り螺鈿模様の菓子外箱が残っており、少なくとも享保年間には菓子屋を営んでいたようです。創業して300年近く、現当主で15代は続いていることになります。また、元禄期の古文書が近年蔵から出てきて、一番古いもので元禄3年とあり、元禄8(1695)年のものには「縄手四条上ル」に「鍵善」という屋号が読み取れました。今後、調べが進めば創業はさらにさかのぼる可能性もあります。
「鍵善良房」という屋号の由来も正確にはわかりません。江戸期は「鍵屋良房」としていましたが、明治期に入ると「鍵善」となっています。江戸時代のある時期に代々当主の名に入っていた「善」の字を使い、入れ、「鍵善」が屋号となったようです。さらにその後、「良房」を戻して、現在の「鍵善良房」となりました。
創業以来、「縄手四条上ル」に店を構えていたのですが、明治になって四条通が拡張されたさいに現在の場所に移りました。  (「鍵善良房ホームページ – 創業からの歩み」より)]

くずきりの誕生
[「何か新しい甘味を作ってくれへんか」と祇園の旦那衆に頼まれ、昭和の初めに誕生したのが、名物のくずきりです。他のお菓子同様配達だけでしたが、この味が評判になり「ちょっと食べさせて」とお店の横で供されるようになり、戦後、喫茶室をつくりました。配達しやすいようにと考えられた容器は、配達の習慣がなくなった現在も当時のままです。  (「鍵善良房|老舗|京を知る・学ぶ|そうだ 京都、行こう。~京都への旅」より)]

[後から入店して近くの席に座った常連らしき男性客は、「黒!」と、一言。目の前に出された冷え冷えのくずきり(黒蜜)をツルツルッと食べて、サッと席を立ちスタスタと店を出て行きました。いやぁ~潔くて粋な食べ方ですね~店内入口は行列でしたが、この様に、長居をしないお客さんが多かったお蔭で、非常に回転は早かったです。  (「食い道をゆく 京都 鍵善良房」より)]

鍵善良房 本店 (かぎぜんよしふさ) – 祇園四条/甘味処 [食べログ]

鍵善良房 四条本店 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が鍵善良房です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*