長楽館

マーカーは長楽館です。

長楽館
[京都を彩る建物や庭園
推薦理由(抜粋)
 明治42年(1909)に,日本の煙草王・村井吉兵衛がヨーロッパの様々な建築様式を組み込んだ迎賓館として建築。往時の香りが残る雰囲気の中,現在はカフェ&レストラン。
認定番号
 第12号
認定理由
 「たばこ王」と称された明治時代の実業家村井吉兵衞が建てた別荘。煉瓦造の3階建ての屋根は寄棟造の天然スレート葺きで,正面にイオニア式の玄関ポーチを持つ。内部の凝った意匠に見るべきところがあり,規模も大きく,明治時代後期における和洋折衷の住宅建築の代表例である。  (「12.長楽館 – 京都を彩る建物や庭園 京都市文化市民局」より)]

長楽館ホームページ

デザートカフェ長楽館 – 東山/カフェ [食べログ]

デザートカフェ長楽館 – Google Map 画像リンク

長楽館正門前のカメラです。