雙林寺

マーカーは雙林寺です。

雙林寺
[雙林寺(そうりんじ)は、京都市東山区にある天台宗の寺院。山号は霊鷲山(または金玉山)。院号は法華三昧無量寿院。寺号は正しくは沙羅双樹林寺という。本尊は薬師如来
この寺は、805年(延暦24年)桓武天皇の勅願により最澄が創建したのが始まりと伝えられる。その後、この寺には平安時代後期の武士で後白河天皇に仕えた平康頼、平安時代後期の歌人西行南北朝時代の歌人頓阿などが隠棲している。1384年(至徳元年)国阿が入寺して再興し時宗の道場が置かれたが、その後衰退した。江戸時代に入り、高台寺大谷祖廟の造営にあたって寺地を献上し、規模が縮小された。明治初年に再び天台宗の寺院となったが、円山公園が造成のために上地し、本堂と飛地境内にある西行堂のみとなった。
雙林寺本堂

  (wikipedia・雙林寺_(京都市)より)]

双林寺資料リンク
都名所図会」・「巻之三 左青龍再刻 金玉山双林寺 (双林寺)」、 「巻之三 左青龍再刻 金玉山双林寺 (双林寺)解説」、「 巻之三 左青龍再刻 祇園の花見 」(図会の解釈お勧めサイト)
金玉山双林寺 (双林寺)(拡大図)

都林泉名勝図会」・「巻之二 長喜菴」、「巻之二 蔡華園院」、「巻之二 蔡華園院解説」、「巻之二 双林寺文阿弥

花洛名勝図会」・「東山之部 六 双林寺」、「東山之部 六 金玉山双林寺 (双林寺)解説

雙林寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が雙林寺本堂です。