高台寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    高台寺子サイトへリンク
    高台寺(表門)高台寺(鐘楼)高台寺天満宮高台寺(庫裏)高台寺(勅使門・方丈)高台寺(書院・観月台)高台寺(遺芳庵)高台寺(開山堂)高台寺(臥龍廊・霊屋)高台寺(傘亭・時雨亭)

    高台寺
    [高台寺(こうだいじ)は京都府京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院。山号は鷲峰山(じゅぶさん)、寺号は詳しくは高台寿聖禅寺と称する。豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)が秀吉の冥福を祈るため建立した寺院であり、寺号は北政所の落飾(仏門に入る)後の院号である高台院にちなむ。釈迦如来を本尊とする禅宗寺院であるとともに、秀吉と北政所を祀る霊廟としての性格をもった寺院である。霊屋(おたまや)の堂内装飾には桃山様式の蒔絵が用いられ、北政所所持と伝えられる蒔絵調度類を多数蔵することから「蒔絵の寺」の通称がある。
    豊臣秀吉が病死したのは 慶長3年(1598年)であった。秀吉の正室である北政所(ねね、出家後は高台院湖月尼)は秀吉の菩提を弔うための寺院の建立を発願し、当初は北政所の実母・朝日局が眠る康徳寺(京都の寺町にあった)をそれに充てようとしたが、手狭であったため、東山の現在地に新たな寺院を建立することになった。秀吉没後の権力者となった徳川家康は、北政所を手厚く扱い、配下の武士たちを高台寺の普請担当に任命した。中でも普請掛・堀直政の働きは大きかったようで、高台寺の開山堂には直政の木像が祀られている。創建当時の高台寺の仏殿は前述の康徳寺の堂を移築・改造したものであり、方丈、茶室などは伏見城から移築したものであった。また、伏見城の化粧御殿が移築されて、北政所の居所とされた。高台寺の西側にある塔頭(たっちゅう、付属寺院)の圓徳院がその跡で、北政所は慶長10年(1605年)から寛永元年(1624年)に没するまでここに住んだ。高台寺の開山は慶長11年(1606年)で、当初は曹洞宗の寺院であった。寛永元年7月(1624年)、高台寺は臨済宗寺院である建仁寺の三江紹益を中興開山に招聘。この時、高台寺は曹洞宗から臨済宗に改宗している。北政所の兄・木下家定は建仁寺及び三江紹益と関係が深く、家定の七男が三江紹益のもとで出家していることも、この改宗と関連すると言われる。なお、北政所は同じ寛永元年の9月に没している。高台寺は、江戸時代後期の一時期、御陵衛士(高台寺党)の屯所となったこともある。その後、近世末期から近代に至る数度の火災で仏殿、方丈などを焼失。創建時の建造物で現存しているのは、三江紹益を祀る開山堂、秀吉と北政所を祀る霊屋(おたまや)、茶室の傘亭と時雨亭などである。
    ●庭園(史跡・名勝) – 小堀遠州作とされ、しだれ桜の名所。石組みの見事さは安土桃山時代を代表する庭園として知られる。
    ●台所坂 – ねねの道から高台寺の境内へと続く道で、北政所は秀吉の菩提を弔うためにこの道を往き来したといわれる。  (wikipedia・高台寺より)]

    高台寺公式ホームページ」 – 「鷲峰山 高台寺:拝観・アクセス:境内案内

    高台寺境内案内図

    高台寺資料リンク
    都名所図会」・「巻之三 左青龍再刻 高台寺」、「 巻之三 左青龍再刻 鷲峰山高台寺 (高台寺)解説
    高台寺(拡大図)

    拾遺都名所図会」・「巻之二 左青龍首 高台寺萩の花 (高台寺)」、「巻之二 左青龍首 高台寺解説
    挙白堂旧跡(拡大図)

    [高台寺(かうだいじ)萩(はぎ)の花
    西行法師宮城(みやぎ)野(の)の萩(はぎ)を慈鎮和尚に奉りし。其萩今に残り侍りしを草庵(さうあん)にうつしうへ侍し。花の頃、其国の人きたり侍しに。
    露けさややどもみやぎ野萩の花  宗祇
    小萩ちれますほり小貝こさかづき  ばせを]

    都林泉名勝図会」・「巻之二 高台寺(一枚目)」、「巻之二 高台寺(二枚目)」、「巻之二 高台寺(三枚目)」、「巻之二 高台寺解説

    花洛名勝図会」・「東山之部 六 鷲峯山高台寺 (高台寺・一枚目)」、「東山之部 六 鷲峯山高台寺 (高台寺・二枚目)」[図会の解釈お勧めサイト]、「東山之部 六 鷲峯山高台寺 (高台寺)解説
    鷲峯山高台寺 (高台寺・一枚目)(拡大図)

    都名所画譜」・「巻之上 高台寺

    国立国会図書館デジタル化資料 – 浪花百景付都名所」 – 「都名所之内 高台寺秋景

    台所坂 – Google Map 画像リンク

    カメラ北東方向が高台寺西参道(台所坂)です。

    カメラ位置は高台寺西参道(台所坂)で、カメラ東南東方向が台所門です。

    カメラ西方向が台所門です。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *