華厳寺(鈴虫寺)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    華厳寺(鈴虫寺)
    [華厳寺(けごんじ)は、京都府京都市西京区にある臨済宗の寺院である。山号は「妙徳山」(みょうとくさん)。本尊は大日如来。正式名称は「華厳寺」であるが、スズムシを四季を通して飼育しているため、通称「鈴虫寺」(すずむしでら)と呼ばれている。様々な種類の竹を集めた庭園や、わらじをはき、願い事を一つだけ叶えるという「幸福地蔵」、僧侶による参拝者への茶菓のもてなしと鈴虫説法等も有名で、京都市内の寺院の中でも特に積極的な拝観者招致策を展開し、成功した例としても知られる。
    享保8年(1723年)、鳳潭によって創建される。鳳潭は学僧として知られ、華厳宗の復興を志して当寺を創建した。慶応4年(1868年)、慶厳が入寺して臨済宗に改められた。寺の所在地はかつての最福寺の旧地である。最福寺は平安時代末期、源義家の後裔の延朗上人によって建立されたもので、現在も華厳寺の東方に「谷ヶ堂」という小堂が最福寺の旧跡として残されている。
    鈴虫の寺として知られる・wikipedia-photo
    華厳寺への石段・wikipedia-photo

    山門・wikipedia-photo

    幸福地蔵・wikipedia-photo

    庭園・wikipedia-photo

      (wikipedia・華厳寺_(京都市)より)]

    [地蔵菩薩の縁日は毎月24日で、京都では8月の地蔵盆六地蔵めぐりが8月24日頃に行われます。鈴虫寺では、毎年最後の縁日である12月24日と前日の23日に「納めの地蔵」として大根焚きが行われ、無料で振る舞われています。お地蔵さんに感謝の気持ちを伝え、来年の無病息災・恋愛成就などを祈る法要も24日に行われています。  (「鈴虫寺 納めの地蔵・大根焚き | 京都旅屋 ~気象予報士の観光 …」より)]

    華厳寺(鈴虫寺)ホームページ

    華厳寺(鈴虫寺)境内図(「鈴虫寺へ行こう-鈴虫寺境内」より)

    華厳寺(鈴虫寺) – Google Map 画像リンク

    華厳寺(鈴虫寺)のストリートビューで、北西方向が華厳寺(鈴虫寺)の参道です。

    山門前のストリートビューで、西方向に幸福地蔵があります。

    華厳寺(鈴虫寺)庭園のカメラです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *