今橋

マーカーは今橋です。

今橋
[今橋(いまばし)は、大阪府大阪市中央区にある東横堀川に架かる橋。
大坂の陣を描いた絵図にこの橋の名が記されていることから、豊臣秀吉が東横堀川を開削してそれほど経っていない時期に架橋されたとされる。江戸時代には町橋として付近の町人が管理しており、元禄期には橋長75.8m、幅員5.5mの木橋で、町橋としては規模が大きかった。東詰で京街道に接続する。
金融の中心地にあり橋の袂からは尼崎行きの乗合船が運航されていた。
1924年(大正13年)に近代橋となり、1965年(昭和40年)の阪神高速1号環状線南行きの開通に伴って、南東袂で高麗橋入口への入路を南へ分岐する現在の形状に改修されたが、1994年(平成6年)に老朽化のため現在の橋に架け替えられた。西詰北側の高欄に顕彰碑が設置されている。
一本の道から西へ二手に分かれるように架けられている、一つ上流側の葭屋橋の南東袂と今橋の北東袂は親柱を共有しているが、1911年(明治44年)の土佐堀通の拡幅以前は別々に架かっていた。  (wikipedia・今橋_(大阪市)より)]

歌川國員/画 今橋つきぢの風景(wikipedia-photo)

[大川から分かれた東横堀川の流れはまず葭屋橋(奥の橋)をくぐり、息つく間もなく今橋(手前の橋)をくぐります。今橋は南の高麗橋とともに豊臣時代から架橋されていた橋で、この堀川は大坂城の外堀の役割を持ち、真っ先に整備されて船の通行も多かったといわれます。
 葭屋橋の西詰(左側)は天明3年(1783)に新たに造成された新地で、「築地」あるいは「蟹島新地」と呼ばれました。葭屋橋はこの新地と東横堀東岸とを結ぶためにその際に新設された橋。眺めの良い築地は料亭や旅館が軒を連ねる街で、遊郭も開かれ、船場の旦那衆が遊楽の場へ出入りする架け橋となりました。
 今橋の北には北浜、西側には天王寺屋や鴻池屋など名だたる大両替商が集まり、当地の繁栄はのちの証券取引所に引き継がれます。  (「今週の今昔館(136) 今橋つきぢの風景 20181106」より)]

大阪の地図(1686年)(拡大図)

絵地図を右にスクロールすると、天神橋の左下、東横堀川一番目に今橋が描かれています。

カメラ西方向高欄親柱左が今橋、右側が葭屋橋です。

カメラ位置は今橋西詰めで、カメラ北東方向に顕彰碑が設置されています。