光滝寺

マーカーは光滝寺です。

光滝寺
[光滝寺(こうたきじ)とは大阪府河内長野市にある寺院。光瀧寺とも書く。この寺の近くに滝畑四十八滝のひとつである光滝(こうたき)という名前の滝があり、名前の由来となっている。
飛鳥時代欽明天皇願によって行満が開いた寺とされる。江戸時代には葛城修験二十八宿の第十四宿(現在は、南葛城山の山頂近くの「鏡の宿」を第十四宿とするのが普通)であり、槙尾山施福寺(天台宗)の奥院でもあった。
本尊は寄木造りの不動明王立像で平安末期のものである。また炭焼不動堂があり、この堂の不動明王像は空海の作と伝えられている。境内は河内長野市の名勝に指定されている。
近隣には、河川敷を利用した光滝寺キャンプ場がある。

寺務所・wikipedia-photo

本堂・wikipedia-photo

炭焼不動堂・wikipedia-photo

  (wikipedia・光滝寺_(河内長野市)より)]

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「香之滝(1巻13)

[図絵に光滝寺が描かれ、その右に香之滝(光滝)が描かれていますが、香之滝(光滝)は象徴的に光滝寺傍に描いていると思います。]

融通念佛宗光滝寺 – Google Map 画像リンク」「光滝寺キャンプ場 – Google Map 画像リンク」「光滝 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向右山路が光滝寺参道口になります。

光滝寺キャンプ場のカメラで、カメラ北東方向先に光滝寺があります。