叡福寺

マーカーは叡福寺です。

叡福寺
[叡福寺(えいふくじ)は、大阪府南河内郡太子町太子にある太子宗の本山の寺院。山号は磯長山(しながさん)。本尊如意輪観音新西国三十三箇所客番札所。聖徳太子の墓所とされる叡福寺北古墳(磯長墓〈しながのはか〉)があることで知られる。開基は聖徳太子または推古天皇とも、聖武天皇ともいわれる。聖徳太子建立三太子の一つで、野中寺羽曳野市)の「中の太子」、大聖勝軍寺八尾市)の「下の太子」に対して、「上の太子」と呼ばれている。また、大阪みどりの百選に選定されている。
この寺にある叡福寺北古墳(磯長墓)には、聖徳太子、太子の母・穴穂部間人皇女、太子の妃・膳部菩岐々美郎女が埋葬されているとされ、「三骨一廟」と呼ばれる。叡福寺の所在する磯長(しなが)は蘇我氏ゆかりの地であり、聖徳太子の父(用明天皇)と母はともに蘇我氏の血を引いているが、この古墳の被葬者を聖徳太子とすることについては異説もある。なお、叡福寺近辺には敏達天皇(太子西山古墳)、用明天皇(春日向山古墳)、推古天皇(山田高塚古墳)、孝徳天皇(山田上ノ山古墳)の陵もある。
寺伝によれば、聖徳太子は生前、推古天皇28年(620年)にこの地を墓所と定めたという。推古天皇29年(621年)、穴穂部間人皇女が没するとここに葬られる。翌年の推古天皇30年(622年)には、相次いで没した聖徳太子と妃の膳部菩岐々美郎女が追葬されたといわれる。太子の没後、伯母にあたる推古天皇が土地建物を寄進し、墓守りの住む堂を建てたのが叡福寺の始まりとされている。約1世紀後の神亀元年(724年)、聖武天皇の発願で東院・西院の2つの伽藍を整備し、西院を叡福寺と称したというが、このことは正史には見えず、史実かどうか定かではない。叡福寺の創建年代については諸説あり、実際の創建は平安時代以降に下るとする見かたもある。石川寺、太子寺、御廟寺とも称された。
叡福寺は聖徳太子ゆかりの寺として、歴代の天皇や権力者に重んぜられた。平安時代には嵯峨天皇をはじめ多くの天皇が参拝しており、平清盛は子息の平重盛に命じて堂塔の修理をさせている。また聖徳太子は仏教の興隆に尽力したため、日本仏教の開祖として賛仰された。空海良忍親鸞日蓮一遍など新仏教の開祖となった僧たちが、墓所があるこの寺に参籠したことが知られており、法隆寺四天王寺と並ぶ太子信仰の中核であった。
当寺は、天正2年(1574年)の織田信長による兵火で大きな被害を受け、古代の建物は残っていない。その後、後陽成天皇願により豊臣秀頼伽藍を復興し、慶長8年(1603年)に聖霊殿が再建されるなどし、慶長年間(1596年 – 1615年)に再興されている。
境内の南側には元塔頭西方院がある。

南大門・wikipedia-photo

宝塔(多宝塔重要文化財) – 承応元年(1652年)江戸の豪商三谷三九郎により再建。wikipedia-photo

金堂・wikipedia-photo

聖霊殿(太子堂、重要文化財) – 慶長8年(1603年)豊臣秀頼により再建。wikipedia-photo

聖徳太子磯長墓(叡福寺北古墳)二天門 – 元禄元年(1688年)徳川綱吉の命で丹南藩高木正陳により建立。・wikipedia-photo

聖徳太子磯長墓(叡福寺北古墳)拝所・wikipedia-photo

上の御堂 – 元禄元年(1688年)徳川綱吉の命で高木正陳により建立。wikipedia-photo

浄土堂 – 慶長2年(1597年)伊藤秀盛により再建。wikipedia-photo

墳丘周囲の結界石・wikipedia-photo

  (wikipedia・叡福寺より)]

聖徳太子御廟所 叡福寺縁起

聖徳太子御廟から天皇陵を巡るコース

叡福寺境内図(「オープンストリートマップ」より。)

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「葉室山田(2巻40)

磯長叡福寺俗に上太子(2巻45)

上太子諸堂(2巻46)

叡福寺山門前のカメラです。

カメラ北西方向が叡福寺本堂で、カメラ北方向が聖徳太子磯長墓(叡福寺北古墳)参道になります。

聖徳太子磯長墓(叡福寺北古墳)二天門前のカメラです。

聖徳太子磯長墓(叡福寺北古墳)拝所前のカメラです。