吉水神社

マーカーは吉水神社です。

吉水神社
[吉水神社(よしみずじんじゃ)は、奈良県吉野郡吉野町にある神社である。旧社格は村社。世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道」の一つとなっている。「吉」の正確な表記は「Tsuchiyoshi.svg」(「土」の下に「口」、つちよし)である。
社伝では、白鳳年間に金峯山寺の僧坊・吉水院(きっすいいん)として役行者により建立されたと伝えられる。
文治元年(1185年)12月には源頼朝に追われた源義経武蔵坊弁慶静御前などが5日間吉水院に身を潜めている。
南北朝時代後醍醐天皇が吉野に潜幸した時、吉水院の宗信法印の援護を受けて吉水院に行宮を設け、一時居所とした。後醍醐天皇の崩御の後、後村上天皇が後醍醐天皇の像を作って吉水院に奉安している。
文禄3年(1594年)に豊臣秀吉が行った吉野の花見の際には吉水院はその本陣とされ、5日間滞在している。現在も残る名勝の庭園は、その際に秀吉自らが造ったものであるという。
明治時代に入ると神仏分離令と国家神道化の観点から天皇を仏式で供養することが問題視され、1871年(明治4年)5月に五条県が吉水院を神社に改めて「吉野神社」とする案を太政官政府に提出した。後醍醐天皇を祀る神社を別に作ることを計画していた政府は五条県の案を却下したが、金峯山寺の廃止が迫る情勢となったことから、奈良県が神社への改組を働きかけ、1874年(明治7年)12月17日に吉水院は後醍醐天皇社の名で神社になることが太政官に承認された。
1875年(明治8年)2月25日、社名を吉水神社に改称し、併せて南朝方の忠臣であった楠木正成、吉水院宗信法印を配祀し、やがて村社に列している。
現在、本殿には2001年(平成13年)に焼失した勝手神社の祭神が仮遷座されている。
境内からは「一目千本」と呼ばれる中千本と上千本の桜がよく見える。

神門・wikipedia-photo

中門・wikipedia-photo

境内(左書院、右拝殿)・wikipedia-photo

拝殿・wikipedia-photo

書院(国の重要文化財)・wikipedia-photo

  (wikipedia・吉水神社より)]

吉水神社ホームページ

大和名所図会. 巻之1-6 / 秋里舜福 [著] ; 竹原信繁 画」・「佐抛社袖振山三宝院吉水院」(6-42)

[図会右ページ、参道右下に吉水院(吉水神社)が描かれています。]
一目千本」(7-3)

吉水神社 – Google Map 画像リンク

吉水神社神門前のストリートビューです。

吉水神社中門前のストリートビューです。

吉水神社拝殿前のストリートビューで、本殿左が書院になります。

「一目千本」展望台のカメラです。(一目千本 – Google Map 画像リンク)