吉野水分神社

マーカーは吉野水分神社です。

吉野水分神社
[吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)は、奈良県吉野郡吉野町子守地区(吉野山上千本)にある神社。式内社で、旧社格は村社。
葛城水分神社都祁水分神社宇太水分神社とともに大和国四所水分社の一つとして古くから信仰されてきた。また、「みくまり」が「みこもり」となまり、子守明神と呼ばれ子授けの神として信仰を集めている。宣長の両親の子守明神への祈願により本居宣長が授けられたといわれている。
2004年7月に、ユネスコ世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道』の一部として登録された。
水を司る天之水分大神(あめのみくまりのおおかみ)を主祭神とし、高皇産霊神少名彦神御子神天津彦火瓊瓊杵命玉依姫命天萬栲幡千幡比咩命を配祀する。
『神社要録』では「天水分神・国水分神」、『神名帳考証』『大和国大小諸神社神名記並縁起』では単に「水神」と記されている。
創建については不詳である。当社に関する最も古い記録は、『続日本紀』の文武天皇2年(698年)4月29日条で、芳野水分峰神に馬を奉り祈雨したとの記述である。 当神社は、元来は吉野山の最奥部、吉野町、黒滝村川上村の境に位置する青根ヶ峰に位置したとされる。青根ヶ峰は吉野川の支流である音無川が東へ、喜佐谷川が北へ、秋野川が西へ流れるなどの源流となる山で「水分 = 水配り」の神の鎮座地にふさわしい。大同元年(806年)ごろに現在地へ遷座した。延喜式神名帳では「大和国吉野郡 吉野水分神社」として記載され、大社に列し、月次新嘗幣帛に預ると記されている。前防家が社家
平安時代中期ごろから「子守明神」と呼ばれるようになった。豊臣秀吉もこの地を訪れ秀頼を授かったといわれる。現在の社殿は慶長10年(1605年)に秀頼によって創建されたものである。作事の奉行を務めたのは豊臣家臣で尼崎郡代の建部光重
神仏習合時代には、水分神は地蔵菩薩の垂迹とされ(子守権現)、金峰山蔵王権現(金峯山寺)に属する神社として修験道の行場の一つとなっていた。明治神仏分離によって金峯山寺より独立し、村社に列格した。

境内入り口の石段と鳥居。後方に楼門。wikipedia-photo

吉野水分神社楼門・wikipedia-photo

「楼門(境内側から見る)。右手前は拝殿、左は南回廊。」・wikipedia-photo

長大な拝殿・wikipedia-photo

神社内の景観。右手奥は本殿、左は拝殿の軒、正面奥に幣殿がある。wikipedia-photo

幣殿内両端に八角形の古典的神輿が置かれ、正面に神棚がある。wikipedia-photo

本殿と前方に本殿を囲うように透塀。右手前は境内社・柴神社。wikipedia-photo

国宝
●木造玉依姫命(たまよりひめのみこと)坐像 – 建長3年(1251年)鎌倉時代の作。像高82.4cm。檜の寄木造玉眼女房装束をまとい、頬にはえくぼを表し、口を僅かに開き上歯にはお歯黒を塗る。その高貴な女官姿は、神像というより絵巻物の女性か、実在の人物を彫刻に再現したかと思わせる。日本の神像彫刻には素朴な作風のものが多い中で、本作品は玉眼(眼の部分に水晶を嵌め込む技法)を採用した本格的な彫刻である。像内の銘文により、建長3年(1251年)に宣陽門院が大旦那となって造像されたことがわかる。長く秘蔵されたため、保存状態は非常に良い。本殿の右殿(向かって左)に安置される。神社の神体であるため、一般には公開されず、展覧会等に出品された記録もない。玉依姫像 部分・wikipedia-photo
アクセス
●近鉄吉野線吉野駅より吉野ロープウェイ乗り換え「吉野山」下車、徒歩約1時間30分。または吉野山駅からバスで23分の「奥千本口」下車、徒歩15分。  (wikipedia・吉野水分神社より)]

大和名所図会. 巻之1-6 / 秋里舜福 [著] ; 竹原信繁 画」・「子守社」(6-45)

吉野水分神社 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向が吉野水分神社です。

吉野水分神社鳥居前のストリートビューです。

吉野水分神社境内のストリートビューで、カメラ南南東方向が本殿で、本殿向かいが拝殿で、カメラ南東方向奥に幣殿があります。