和菓子 本家菊屋

マーカーは和菓子 本家菊屋です。

和菓子 本家菊屋
[天正十三年(1585年)
豊臣秀長公(太閤豊臣秀吉公の弟君)が姫路城から軍事上の要所を固める為に大和の国郡山城」に入られた際、
何処からかお連れ頂きました。
あるとき、秀吉公をもてなすお茶会に何か珍菓を作るように弊店菊屋治兵衛に命じられました。
そこに献上しましたのが、粒餡を餅で包みきな粉をまぶした1口サイズの餅菓子で、秀吉公は大層お気に召され「鶯餅」と御銘を賜りました。
時がたち、弊店が御城の大門を出て町人街の1軒目に位置しましたことから、「城の入口で売っている餅」→「城の口餅」という通称がつき、今日に至ります。
郡山に参りましたのがお茶の千利休さんの時代であります。
お茶のお家元が現在15~16代目でいらっしゃいます。 弊店主は現在26代目でありますので、郡山に移る前にまだ10代ほど何処かで商売をしていたかと思われます。
10代といえば1代が25年~30年として、まだ250年~300年はさかのぼれるかと思われます。
しかし、そこは町人のこと、何処で何をしていたのかは不明でございます・・・・・。  (「本家菊屋ホームページ」より)]

[創業400余年 秀長公のお茶会に菓子を献上したという老舗。
現在の建物は嘉永の大地震(1854年・安政南海地震)で倒壊した後、1855年に再建されました。
お店を開けるとき、閉めるときは当時のまま。
お店の天井、たたずまいをじっくりとご堪能いただきたいです。  (「大和郡山市観光協会公式ウェブサイト – 御菓子司 本家菊屋」より)]

御菓子司 本家 菊屋 本店 – 郡山/和菓子 [食べログ]

本家菊屋 本店 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が和菓子 本家菊屋です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*