金輪院

マーカーは金輪院です。

金輪院
[金輪院(こんりんいん)は、奈良県大和郡山市小泉町にある天台宗の寺院。小泉庚申堂と呼称される方が多い。山号は尭山山(ぎょうせんざん)、本尊青面金剛大和国庚申信仰の総道場として知られる。
万治2年(1659年)、小泉藩第2代藩主片桐貞昌の家臣で茶人でもあった藤林直良(宗源)が創建し、小泉氏の祈願寺となった。
大徳寺玉舟和尚の筆による縁起「宗鐇記」によると、貞昌の父片桐貞隆が家蔵の什器を焼き捨てたとき灰の中から青面金剛像一体が発見され、この像が後に本尊になったという。
明治5年8月施行の学制に基づき、同6年12月23目に山本寿保邸を借用して開校されていた小学修道館が、同7年2月当院倉庫へ教場が臨時移転し、同9年2月城行換邸に移転するまでの間使われた。
文化財
●扁額 – 明治13年(1880年) 安村清一郎・森内彌三郎奉納。本堂に掲額。
金輪院山門・wikipedia-photo、本堂・wikipedia-photo、扁額・wikipedia-photo  (wikipedia・金輪院より)]

金輪寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が金輪院山門です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*