大威徳寺

マーカーは大威徳寺です。

大威徳寺
[大威徳寺(だいいとくじ)は、大阪府岸和田市大沢町にある天台宗の寺院。紅葉の名所として名高い牛滝山の山中に位置する。室町時代建立の多宝塔重要文化財に指定されている。
修験道の開祖役行者(役小角)が牛滝山に開いたと伝承される山岳寺院で、古来、葛城修験道の霊場として尊崇を集めてきた。
寺号は、比叡山の学僧であった恵亮が、境内にある「三の滝」での修行中に滝の中から牛に乗った大威徳明王が現れたのを見、その姿を彫って本尊として祀ったことが由来とされる(大威徳明王像は通例、水牛の背に騎乗した姿で造像される)。
空海も当山で修行をし、多宝塔などを建立したと伝える。多宝塔は室町時代に再建された後、戦国時代の兵火を潜り抜けて、現在に伝わっている。近世までは真言宗と天台宗の兼学寺院であった。かつては多くの子院を有し、真言系の本坊と、恵亮の流れを汲む天台系の穀屋坊との間で開基をめぐる争いもあったが、明治45年(1912年)に至り本坊も天台宗となった。  (wikipedia・大威徳寺より)]

和泉名所図会. 巻之1-4 / 秋里籬嶌 [著] ; 竹原信繁 画」 – 「牛瀧丹楓見(3巻26)

牛瀧山大威德寺坊中(3巻27)

牛瀧本堂(3巻28)

大威徳寺参道口のカメラです。

大威徳寺山門内のカメラです。

大威徳寺境内の鳥瞰カメラです。

多宝塔・本堂の鳥瞰カメラです。