大聖勝軍寺

マーカーは大聖勝軍寺です。

大聖勝軍寺
[大聖勝軍寺(たいせいしょうぐんじ)は、大阪府八尾市太子堂にある高野山真言宗の寺院。山号は神妙椋樹山(しんみょうりょうじゅさん)。本尊如意輪観音。開基は聖徳太子である。旧奈良街道に面して建つ。聖徳太子建立三太子の一つで、叡福寺太子町)の「上の太子」、野中寺羽曳野市)の「中の太子」に対して、「下の太子」と呼ばれている。地元では単に「太子堂」と呼ばれている。
用明天皇2年(587年)、崇仏派の蘇我馬子に組した聖徳太子が排仏派の物部守屋との戦いで「いまもし我をして敵に勝たしめば、かならずまさに護世四天王の、おんために寺塔を建つべし」(日本書紀)と祈願して戦勝したことから、戦後間もなく四天王を祭るための寺院として摂津国難波(現・大阪市天王寺区)に四天王寺を建立するとともに、当寺の太子堂も建立された、これが当寺のそもそもの始まりである。また、信貴山に現れた毘沙門天像を2体作っており、1体を信貴山朝護孫子寺に、もう1体を当寺に奉納して毘沙門堂を建立した。
推古天皇2年(594年)に推古天皇より現在の山号と寺号が贈られる。これによりこの年を寺院としての創建年としている。天平勝宝8年(756年)、聖武上皇から「大聖勝軍鎮護国家寺」の称号を贈られ、勅願寺に定められた。
かつては宝積院(渋河寺)、龍華院(龍華寺)、日羅院(日羅寺)などの僧坊があった。

聖徳太子像と四天王像・wikipedia-photo

山門・wikipedia-photo

鐘楼・wikipedia-photo

多宝塔「平和塔」 – 物部守屋像と聖徳太子像が祀られている。wikipedia-photo

地蔵堂・wikipedia-photo

本堂(太子堂)・wikipedia-photo

毘沙門天堂・wikipedia-photo

  (wikipedia・大聖勝軍寺より)]

大聖勝軍寺境内図(「オープンストリートマップ」より。)

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「下太子将軍寺(4巻31)

大聖勝軍寺参道前のカメラです。

大聖勝軍寺山門前のカメラです。

大聖勝軍寺山門内のカメラです。

カメラ北北東方向が本堂、その右が地蔵堂、カメラ東方向に多宝塔「平和塔」、カメラ南方向左に山門、右に鐘楼、カメラ西方向に毘沙門天堂があります。