大阪城天守閣

マーカーは大阪城天守閣です。

大阪城天守閣
[織田信長に抗していた石山本願寺の跡地を手に入れた豊臣秀吉は、全国統一の本拠地をこの地大阪と定め、天正11年(1583)、雄大極まりない大阪城の建築に着手した。完成に約15年を要したその規模は現在の4~5倍という広大なものであり、本丸中央には金色に輝く天守がそびえていた。
しかし、元和元年(1615)、大阪夏の陣豊臣家滅亡とともに大阪城はすべて焼失してしまった。江戸時代に入って元和6年(1620)、徳川幕府は大阪城の再建にのり出した。10年の歳月と幕府の威信をかけて再建された大阪城は、全域にわたる大規模な盛土と石垣の積み上げ、堀の掘り下げが行われ、天守閣も15m高くなるなど、豊臣秀吉が建築したものとは全く異なったものとなった。
しかし、この天守閣も寛文5年(1665)の落雷で焼失したまま再建されず、その他の建物も、大手門や多聞櫓などの一部を残して明治維新(1886)の動乱で焼失してしまった。
昭和6年(1931)、当時の市長関一(關一・せきはじめ)の提案と市民の募金により天守閣の再建が行われた。太平洋戦争空襲によりいくつかの建物が焼失し、天守閣も各所で破損したが、戦後の全域の公園化と、昭和33年から41年にかけて行われた櫓・蔵などの修復、そして昭和6年当時の天守閣の姿をよみがえらせるために平成9年に行われた「平成の大改修」により今日みられるような姿となったのである。  (「大阪城の歴史|特別史跡 大阪城公園」より)]

大阪城公園MAP(「大阪城公園ホームページ公園MAP」より)]

カメラ位置は大阪城本丸で、カメラ北方向が天守閣になります。