大龍寺

マーカーは大龍寺です。

大龍寺
[大龍寺(たいりゅうじ)は、大阪府東大阪市にある黄檗宗の寺院。本尊十一面観音であり、河内西国霊場の第28番札所である。
聖徳太子により創建され、自作の観音像を安置したと伝えられている。当初は厳松寺と称された。
応仁の乱大坂の陣を経て焼失・荒廃。
貞享3年(1686年)に泰宗禅師により再建、大龍寺と改称された。
本堂・wikipedia-photo

  (wikipedia・大龍寺_(東大阪市)より)]

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「日下大龍寺(5巻42)

カメラ北東方向が大龍寺山門です。

大龍寺山門内のカメラです。

大龍寺境内のカメラです。

大龍寺本堂前のカメラです。