太閤(背割)下水見学施設

マーカーは太閤(背割)下水見学施設です。

太閤(背割)下水見学施設
[豊臣秀吉による大坂城築城の際に原型が造られたと言われている石積の下水溝です。
 豊臣秀吉が大坂城築城に着手したのは、天正11年(1583年)のことでした。
 町づくりにあたっては、大阪が、淀川大和川のデルタ地帯にできた低湿な土地であったので、道路整備と同時に町屋から出る下水を排水するための下水溝が建設されました。
 東西の横堀川に囲まれた城下町は、大坂城に向かう東西道を軸に碁盤の目に区切られ、その道路に面した建物の背中どうしのところ(裏口)に下水溝が掘られました。この下水溝は「背割下水」、あるいは太閤秀吉にちなんで「太閤下水」と呼ばれています。当時の大阪は、この太閤(背割)下水に挟まれた約40間(72メートル)四方の区画が町割りの基本となっていました。
現在でも実際に使用されている太閤(背割)下水を地上に設置したのぞき窓から自由にご覧いただけます。  (「太閤(背割)下水見学施設 – 大阪市」より)]

太閤下水(背割下水) 見学施設・Google photo

カメラ東方向三角屋根の施設が太閤(背割)下水見学施設になります。