不空院

マーカーは不空院です。

不空院
[不空院(ふくういん)は、奈良県奈良市高畑町にある真言律宗の仏教寺院。山号は春日山(しゅんにちさん)。 別称は福井之大師。本尊不空羂索観音
菅家本『諸寺縁起集』などによると、不空院は鑑真の住坊跡に建立された寺院と伝え、弘仁年間(810 – 824年)には空海興福寺南円堂(八角円堂)建立に先立ち、その雛形を当寺に建てたという。
鎌倉時代には西大寺叡尊、興福寺の円晴、唐招提寺覚盛、西方院(唐招提寺子院)の有厳が当院で戒律を講じたという。室町時代には興福寺の二大院家の1つの大乗院の末寺となっていた。近世は本堂に弁才天が安置されていること、また院号の不空院が転じて福院とも呼ばれたことで、「かけこみ寺」として奈良町の芸妓達の信仰を集めていた。
1854年の安政の大地震で堂宇が倒壊。大正年間に三谷弘厳によって再興された。
不空院・wikipedia-photo  (wikipedia・不空院より)]

「和州奈良之圖(天保15・1844年)」(絵図右上に新薬師が描かれ、新薬師の上にふくいんじ丁が描かれその上の寺が不空院と思われます。)

春日山 不空院 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が不空院山門です。

不空院本堂前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*