二条町地蔵堂

マーカーは二条町地蔵堂です。

光背の前面に厚肉彫りされた地蔵尊鎌倉時代後期の作で像高は2メートル近く。その魅力としては造型が細やかである上に保存状態がなかなか良いことが挙げられる。流れるような衣紋がはっきりと残されている。右手に持った錫杖の彫りも細やかである。お顔も柔和である。地蔵堂の横には別棟として弘法の井戸も残されている。  (「二条町の歓喜寺地蔵尊。: 乾口達司の球面体日記」より)]

奈良市二条町 二条辻地蔵石仏(歓喜寺地蔵尊)/他 – 愛しきものたち」、「二条町辻の歓喜寺地蔵尊の地蔵盆 – マネジャーの休日余暇(ブログ版)」、「二条辻地蔵堂(にじょうつじじぞうどう)地蔵石仏

二条町地蔵堂 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が二条町地蔵堂です。

カメラ北東方向が二条町地蔵堂です。