坂本家住宅

マーカーは坂本家住宅です。

坂本家住宅
[坂本家住宅主屋(さかもとけじゅうたくしゅおく)は、奈良県奈良市勝南院町にある歴史的建造物。町家。国の登録有形文化財
猿沢池南の南北道路に西面して建つ平入町家。江戸末期嘉永7年(安政元年、1854年)の地震の後に建てられたとされており、敷地南側に1間の空き地が地震への備えとして設けられている。
2010年(平成22年)4月28日、国の登録有形文化財に登録された。
構造[編集]
桁行7.4m、梁間9.9m、木造つし2階建、切妻造瓦葺で、上のつし部分が低いのが特徴である。
当家では代々古着商が営まれ、建築当初は揚げ店や蔀、奈良格子と呼ばれる丸太格子など、古式の表構えであった。第二次世界大戦後、商売をやめると、表構えも改修され、現在は出入り口に格子引違い戸、正面北側に出格子、南端に出格子窓を構え、外壁は漆喰塗で腰を竪板張としている。庇上部の両側には袖卯建(そでうだつ)が付く。
坂本家住宅主屋外観・wikipedia-photo  (wikipedia・坂本家住宅主屋_(奈良市)より)]

カメラ東北東方向が坂本家住宅です。