大和文華館

マーカーは大和文華館です。

大和文華館
[大和文華館は、奈良県奈良市にある、東洋古美術を中心とする私立美術館である。1962年に第3回BCS賞を受賞。2005年にはDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれた。
昭和21年(1946年)、近畿日本鉄道(近鉄)社長であった種田虎雄(おいたとらお)は、財団法人大和文華館を設立した。京都奈良伊勢という日本の文化の中心地を結ぶ鉄道会社に相応しい美術の殿堂を作ろうと考えた種田は、世界的な美術史学者・矢代幸雄を初代館長に任命し、その仕事を依頼した。館の運営から作品の選択、収集まで、すべては矢代に一任された。学者である矢代は、個人の好みによってではなく、質の高い作品を系統的に収集することに尽力した。そのため収蔵総数は約2000点と、美術館としては多いとは言いがたいが、収集した作品には国宝 4件、重要文化財 31件を含んでいる。
種田はほどなく他界したが、彼の遺志は十数年を経て佐伯勇に引き継がれて実現し、昭和35年(1960年)、近鉄の創立50周年行事の一環として大和文華館が開館した。
なお、国宝の寝覚物語絵巻、一字蓮台法華経をはじめとする名品の多くは、横浜の三渓園の生みの親である原富太郎(原三渓)のコレクションにあったものである。
所蔵品には中国、朝鮮半島、日本を中心とした東洋古美術の名品約二千点のほかに、中村直勝収集の双柏文庫、近藤家旧蔵の富岡鉄斎書画、鈴鹿文庫等が含まれる。これらは年に7回の館蔵品を中心とする企画展で順次公開される。また年に1回程度の特別展が行われる。
開館50周年と近鉄創業100周年を記念したリニューアル工事を2009年から約1年かけて行い、2009年9月28日より休館していたが2010年10月2日に再オープンした。
「竹の庭の美術館」
大和文華館の展示館は、奈良市の西の郊外の静かな住宅地のなかにある。菅原池(通称、蛙股池)に面した丘の上に、赤松の古木と「文華苑」と呼ばれる自然苑に囲まれて建つ。展示館は日本芸術院会員の建築家吉田五十八の代表作の一つで、城郭や蔵をイメージさせる「なまこ壁」をモチーフとして取り入れている。
展示室は、竹の植えられた中庭をめぐって配置されており、バルコニーからは遠く春日山平城京を望むことができる。このため「竹の庭の美術館」とも呼ばれて多くの人に親しまれている。こうした美術品をめぐる自然環境は、矢代幸雄の東洋美術への理想、「自然の緑が陳列室の空気をも彩るようにしたい」、「自然の額縁のなかで東洋の美術は一番美しく見える」を実現したものである。
文華ホール
明治42年に建設された辰野金吾設計の奈良ホテルのラウンジを開館二十五周年記念事業の一つとして移築修復し、ホールとして活用している。
大和文華館・wikipedia-photo、展示館・wikipedia-photo、文華ホール(奈良ホテル旧ラウンジ・wikipedia-photo、寝覚物語絵巻(部分)・wikipedia-photo、一字蓮台法華経(巻頭)・wikipedia-photo、風俗図(松浦屏風)左隻・wikipedia-photo、風俗図(松浦屏風)右隻・wikipedia-photo、帰牧図(騎牛)李迪筆 南宋時代・wikipedia-photo、婦人像 安土桃山時代・wikipedia-photo  (wikipedia・大和文華館より)]

カメラ北東方向が大和文華館正門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*