大安寺四丁目地蔵堂(木造地蔵菩薩立像)

マーカーは南禅寺(大寂門)です。

[木造地蔵菩薩立像
 この仏像は、下半身に量感があり、衣文は深く刻むが柔らか味があるなどの特徴から、平安時代前期に作られたと考えられます。近世に面部や三道部などが彫り直され、両腕などは後補です。大安寺に関する平安時代の彫刻はめずらしく、また市内における一木造(いちぼくづくり)の彫刻としても貴重な作品です。
件名 木造地蔵菩薩立像
かな もくぞうじぞうぼさつりゅうぞう
数量 1躯
指定(分類) 奈良市指定文化財(彫刻)
指定日 昭和60年3月7日
所在(有) 奈良市大安寺四丁目10 地蔵堂(町有)
小学校区 大安寺
形状等 像高160.5cm
備考 平安時代  (「木造地蔵菩薩立像 – 奈良市」より)]

観仏日々帖 古仏探訪~奈良市・大安寺町地蔵堂の地蔵菩薩立像 – FC2」「探訪 奈良・大安寺とその周辺を巡る -6 地蔵堂・大乗院大

カメラ北東方向が大安寺四丁目地蔵堂です。