奈良きたまち案内所

マーカーはきたまち鍋屋観光案内所です。

奈良きたまち
[奈良きたまち (なら-)は、奈良県奈良市奈良町より北側の古い市街地を指す地域。江戸時代昭和期の町並みが残り、「法蓮格子」と呼ばれる様式を用いた町家や、洋風建築の奈良少年刑務所重要文化財奈良女子大学記念館などがある。江戸時代、東大寺などに向かう、奈良の北の玄関口として旅籠や商店が並び、京都へ通じる奈良街道を中心に栄えた地域。現在は近鉄奈良駅(大宮通り)の北側一帯を指す。近くの一条通りは明治の一時期、大仏鉄道の駅から東大寺の転害門へ向かう参道としても栄えた。町を一望した多聞山城松永久秀が16世紀半ばに築き、近世城郭のモデルとなった四層の天守を備え、宣教師ルイス・フロイスがその美しさを称賛。安土城の築城にも影響を与えたとされる。
1998年(平成10年)8月、「奈良街道町づくり研究会」を設立し「喜び多い街」、「何か懐かしい来たことのある街」、「また来たい街」(きたまち)をキャチフレーズに活動を行う。
2004年(平成16年)、奈良市より「奈良まちかど博物館」の認可を受け、13箇所の施設を一般公開している。
2012年7月、奈良女子大学前にあった旧鍋屋交番が改修され、「きたまち案内所」として使用されている。  (wikipedia・奈良きたまちより)]

大和名所図会. 巻之1-6 / 秋里舜福 [著] ; 竹原信繁 画」・「奈良の旅籠前・朝旅立ちの様子

カメラ北北東方向は旧鍋屋交番で現在改修済みで、「きたまち案内所」として使用されている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*