奈良国立博物館

マーカーは奈良国立博物館です。

奈良国立博物館
[奈良国立博物館(ならこくりつはくぶつかん)は、奈良県奈良市登大路町にある、独立行政法人国立文化財機構が運営する博物館である。仏教美術を中心とした文化財の収集、保管、研究、展示を行うとともに、講演会や出版活動などを通じた普及活動を行うことを主たる活動内容としている。展示施設は本館、本館付属棟、東新館、西新館、地下回廊がある。このうち本館は、赤坂離宮(迎賓館)などを手がけた宮廷建築家・片山東熊の設計により1894年(明治27年)竣工したもので、明治期の洋風建築の代表例として国の重要文化財に指定されている。展示品は館蔵品のほか、奈良県下を中心とした社寺や個人からの寄託品も多い。毎年秋に実施される「正倉院展」の会場でもある。1980年に新設された仏教美術資料研究センターでは、仏教美術に関連する資料の作成・収集・整理・保管を行っており、毎週水・金曜日に限定して一般に公開される。1983年から奈良国立博物館の所属になった建物(国の重要文化財)は、1902年(明治35年)に竣工した関野貞設計の旧奈良県物産陳列所である。
奈良国立博物館・wikipedia-photo、「新館と水庭、地下回廊アプローチ」・wikipedia-photo、仏教美術資料研究センター・wikipedia-photo、十一面観音像(国宝)・wikipedia-photo、地獄草紙のうち鶏地獄・wikipedia-photo、地獄草紙のうち鉄磑所・wikipedia-photo、辟邪絵のうち天刑星・wikipedia-photo、山水図(水色巒光図)伝周文筆・wikipedia-photo  (wikipedia・奈良国立博物館より)]

奈良国立博物館 西新館 – Google Map 画像リンク」、「奈良国立博物館 東新館 – Google Map 画像リンク」、「なら仏像館 – Google Map 画像リンク」、「青銅器館 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が奈良国立博物館で、カメラ南東方向が奈良国立博物館新館です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*