帯解寺

マーカーは帯解寺です。

帯解寺
[帯解寺(おびとけでら)は、奈良市今市町にある華厳宗の寺院。本尊は地蔵菩薩。安産祈願の寺として知られ、山号も子安山である。奈良市南郊に位置し、JR桜井線帯解駅から程近い。寺伝では、元は霊松庵といい、空海の師である勤操大徳によって開かれた巌渕千坊の一つであったという。長らく世継ぎに恵まれなかった文徳天皇后の藤原明子_(染殿后)が当寺にて祈願をしたところ、惟仁親王(後の清和天皇)が生まれたことから、天安2年(858年)、文徳天皇の願により伽藍が建立され、勅命により帯解寺と名乗るようになったという。以来、安産・子授け祈願の寺として朝野を問わず篤い信仰を集めるようになった。江戸時代には、徳川三代将軍徳川家光に世継ぎがなく、側室の御楽の方が当寺にて祈願したところ、竹千代丸(4代将軍・徳川家綱)を安産した。その折種々の瑞祥があり、家光は瑞祥記を当寺に下賜し、仏像仏具等も寄進した。寛文3年(1663年)にはその家綱より手水鉢の寄進があった。 また、徳川二代将軍徳川秀忠の正室お江与の方(お江)の安産祈願したことも有名。20世紀以降も美智子皇后雅子皇太子妃をはじめ、三笠宮高円宮秋篠宮などの皇族が当寺において安産祈願を行っている。本殿ファイル:Obitokedera_Temple_honden.jpg  (wikipedia・帯解寺より)]

大和名所図会. 巻之1-6 / 秋里舜福 [著] ; 竹原信繁 画」・「帯解地蔵」(2-44)、「帯解地蔵解説-1・左ページ中程から」(2-41)、「帯解地蔵解説-2・右ページ2行目まで」(2-42)

子安山 帯解寺 – Google Map 画像リンク

帯解寺山門前のカメラです。

帯解寺本堂前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*