平城宮跡

マーカーは「第一次大極殿正殿と朝堂院」案内板です。

平城宮跡
[平城京の北端に置かれ、天皇の住まいである内裏即ち内廷と、儀式を行う朝堂院、役人が執務を行う官衙の所謂外朝から成り、約120ヘクタールを占めていた。周囲は5メートル程度の大垣が張り巡らされ、朱雀門を始め豪族の姓氏に因んだ12の門が設置され、役人等はそれらの門より出入りした。東端には東院庭園がおかれ、宴等が催された。この東院庭園は今日の日本庭園の原型とされている。
794年(延暦13年)の平安京遷都後は放置され、しだいに農地となっていった。しかし南都と呼ばれ、あくまでも本来の都は奈良と云う認識が大宮人の間にはあった。1852年(嘉永5年)、奉行所の役人であった北浦定政が『平城宮大内裏跡坪割之図』を著し、平城京の跡地を推定した。明治時代に建築史家、関野貞が田圃の中にある小高い芝地が大極殿(第二次)の基壇である事を発見、1907年(明治40年)に『平城京及大内裏考』を奈良新聞に発表した。この研究記事がきっかけとなり、棚田嘉十郎溝辺文四郎らが中心となり平城宮跡の保存の運動が起こった。1921年(大正10年)には、平城宮跡の中心部分が民間の寄金によって買い取られ、国に寄付された。その後、「平城宮址」は1922年(大正11年)に国の史跡に指定された(後に特別史跡)。後に「址」(し・あと)が常用漢字外である為「平城宮跡」と書かれる様になる。1960年代に近鉄電車の検車庫問題と国道建設問題に対する二度の国民的保存運動が起こった。現在は、ほぼ本来の平城宮跡地が指定され保存されている。なお、唐招提寺講堂(国宝)は平城宮朝堂院にあった建物の一つである東朝集殿を移築した物である。切妻屋根入母屋にしたり、鎌倉時代の様式で改造されている箇所もあるが、平城宮唯一の建築遺構として貴重である。
大極殿(再建)・wikipedia-photo、朱雀門(再建)・wikipedia-photo、東院庭園・wikipedia-photo、「再建工事中の第1次大極殿(写真中央)。背後に東大寺大仏殿や若草山がみえる(2010年1月)」・wikipedia-photo  (wikipedia・平城宮より)]

平城宮跡平面図(「スポットを楽しむ|国営飛鳥歴史公園事務所|国土交通省」より)

大和名所図会. 巻之1-6 / 秋里舜福 [著] ; 竹原信繁 画」・「『公事根源』曰」(1-6)

[「名所図会」のうち、天理大学のある奈良県をとりあげているのが、寛政三(一七九一)年刊の『大和名所図会』です。この『大和名所図会』巻一の冒頭の挿図には、年初に内裏で歌笛を演奏する「国栖(くづ)の奏」のようすが描かれています。挿図の上部の解説にはつぎのように記されています。
『公事根源』曰、
今の国栖の奏とて、歌をうたひ笛を吹ならすは、吉野より年の始に参りたるといふ心也云云
『江家次第』曰、
国栖歌笛承明門外ニ於テ之奏
ここに引用される『公事根源(くじこんげん)』は室町時代中期の、『江家次第(ごうけしだい)』は平安時代後期の、それぞれ有職故実書(ゆうそくこじつしょ)で、宮中行事の起源や沿革を記しています。「国栖」は大和国吉野郡にあるため、『公事根源』では「吉野より」「参りたる」としているのです。
図をよくみると、左右に右近の橘と左近の桜が描かれているのがわかります。これは平安京内裏にある紫宸殿(ししいでん)の前庭であることを示しています。また、桜樹に葉も花もないのは、『公事根源』の「年の始」という季節設定にあわせているからです。『江家次第』には「承明門外(しょうめいもんがい)」とありますので、実際には承明門の外側で演奏したようです。宮中行事であることが読者にもひとめでわかるよう、内裏を象徴する紫宸殿や植栽とともに描いているのは、絵師の演出であるといえます。
ただ、吉野にゆかりのある「国栖の奏」を描いているとはいっても、「大和」の名所を紹介する書物でありながら、平安京の内裏を描いた挿図を巻一の最初に配置することは、不自然であるといわざるを得ません。なぜ、「国栖の奏」の挿図が『大和名所図会』の冒頭をかざることになったのでしょうか。  (「『大和名所図会』の冒頭図 西野由紀 – 国文学国語学科 – 天理大学」より)]

平城宮跡 – Google Map 画像リンク」、「中央区朝堂院 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は「第一次大極殿正殿と朝堂院」案内板前で、カメラ北方向が第一次大極殿正殿、カメラ南方向が朱雀門です。

カメラ位置は朱雀門前で、カメラ南方向が朱雀門でカメラ北方向に第一次大極殿正殿があります。