春日大社(藤浪之屋・宝庫・御本殿)

マーカーは春日大社(御本殿)です。

Google Earthで街並散歩(日本編) – 春日大社トップページ

御本殿
[春日大社の国宝御本殿は日本の代表的な神社建築様式のひとつである春日造の典型で、四棟が横一列に並んでいます。屋根は檜皮葺で、柱はあざやかな本朱で塗られており、全国的にも大変珍しいものです。また社殿の間にある御間塀には獅子や神馬などが描かれ、絵馬の原形とも言われています。  (「御神宝特別拝観 – 春日大社.pdf」より)]

[「本殿(背面) 手前から第四殿、第三殿、第二殿、第一殿」・wikipedia-photo]

春日大社(宝庫)
[東側を正面として、厚板で組み上げられた朱塗の校倉造の建物です。3月の春日祭の時に、御本殿をお飾りする御神宝(鏡、太刀、鉾、弓矢など)が納められ、普段は封印されています。  (「宝庫(ほうこ) – 春日大社」より)]

[宝庫・wikipedia-photo]

藤浪之屋
[春日大社燈籠がたくさんあることで有名で、平安時代から現在まで奉納された燈籠がおよそ三千基あります。春日の燈籠は数が多いだけでなく、歴史的な資料としても重要で現存する室町時代以前の燈籠の六割以上が春日大社にあると言われております。
2月の節分、8月14日・15日の年3回、すべての燈籠に浄火をともす春日万燈籠が行われており、この万燈籠神事を感じていただこうと、江戸時代まで神職の詰所であった藤波之屋を開放しました。  (「万燈籠再現 藤浪之屋(ふじなみのや) | 春日大社」より)]

カメラ東方向が宝庫で、カメラ西方向が内待門です。また、カメラ北東方向に藤浪之屋があります。

カメラ東方向が後殿(うしろどの)各社参拝所です。

後殿(うしろどの)各社参拝所前のカメラです。

藤浪之屋内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*