春日大社(幣殿・舞殿、直会殿)

マーカーは春日大社(幣殿・舞殿)です。

Google Earthで街並散歩(日本編) – 春日大社トップページ

春日大社(幣殿・舞殿)
[南門をくぐると正面にあり「拝殿」と勘違いしそうな建物ですが、幣殿と舞殿です。 東側2間を幣殿といい、西側3間を舞殿といいます。幣殿は天皇陛下のお供え物である 御幣物を一旦納める建物で、幣殿の天井板は格天井となっていて、舞殿と区別しています。
舞殿は宮中伝来の御神楽を行うための建物であり、また雨天時に神楽や舞楽を奉納する場所です。  (「幣殿・舞殿(へいでん・ぶでん) – 春日大社」より)]

直会殿(なおらいでん)
[春日祭では、勅使以下の直会の儀式が行われ、中世には法華八講が修されたところから「八講屋」とも呼ばれました。
 創建は貞観元年(859)と言われていますが、神社として必要不可欠な社殿であるため、創建当時から存在したと考えられています。度々の造替、罹災を経て、現在の社殿は第42次、慶安年度(1652)ご造替時のものです。  (「世界遺産 春日大社 公式ホームページ/式年造替/ご修繕状況[直会殿]」より)]

[「幣殿・舞殿」・wikipedia-photo、幣殿・舞殿と直会殿・wikipedia-photo]

カメラ北方向が幣殿・舞殿で、カメラ西方向に「砂ずりの藤」があります。

カメラ東北東方向が幣殿・舞殿で、カメラ西北西方向が直会殿です。

カメラ南西方向が幣殿・舞殿で、カメラ北方向が中門・御廊で、カメラ西北西方向に「社頭の大杉」があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*