春日大社(桂昌殿、酒殿、内待門)

マーカーは春日大社(内待門)です。

Google Earthで街並散歩(日本編) – 春日大社トップページ

春日大社(桂昌殿、酒殿、内待門)

桂昌殿(けいしょうでん)
[江戸時代の五代将軍・徳川綱吉の母、桂昌院が奉納した建物です。天下国家安泰の御祈祷所として使用されていますし、かつては神職のお籠りにも用いられていました。  (「桂昌殿(けいしょうでん) – 春日大社」より)]

酒殿
[西廻廊の西側、竈殿(へついどの)と参道を隔てた北側に立つ建物が酒殿(さかどの)です。春日祭に供する社醸酒をつくるための建物で、中には酒神がお祀りされています。
 創建は貞観元年(859)と伝えられていますが、古く『続日本紀天平勝宝2年(750)年2月16日条に、孝謙天皇が春日酒殿に御幸されたとの記述があり、古くから重要な建物であったことが伺えます。現在の建物は記録から江戸時代初期の寛永9年(1632)造替によるものと考えられています。  (「世界遺産 春日大社 公式ホームページ/式年造替/ご修繕状況[酒殿]」より)]

[酒殿・wikipedia-photo]

内待門
[内侍門は西回廊にある三つの門の中で北側にある門です。古くは宮中より斎女・内侍が遣わされ、神様の御用をされていました。その斎女内侍が出入りした門と伝えられています。
この制度も室町時代中頃に途絶えてしまいました。  (「内侍門(ないしもん) – 春日大社」より)]

酒殿 – Google Map 画像リンク」、「桂昌殿 – Google Map 画像リンク」、「四脚門 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が内待門で、左が桂昌殿、右が酒殿になります。また、カメラ北方向に四脚門(春日大社四脚門 – 奈良市)があります。

カメラ北方向が桂昌殿で、カメラ南南西方向が酒殿です。また、カメラ東方向が内待門になります。

内待門内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*