東大寺大仏殿

マーカーは東大寺大仏殿です。

東大寺大仏殿
[国宝。当初の大仏及び大仏殿は、聖武天皇の発願により、8世紀に造られたものであったが、その後2度の兵火で焼け落ち、現存する大仏殿は江戸時代の再建。大仏は台座と袖、脚などの一部に当初部分を残すのみで、体部の大部分は中世の作、頭部は江戸時代の作である。
聖武天皇は天平15年(743年)、大仏造立のを発した。当初、紫香楽宮の近くの甲賀寺で造立の始まった大仏は、その後現在地の奈良で改めて造立を開始。天平勝宝4年(752年)に開眼供養が行われた。治承4年(1180年)の平重衡の兵火で大仏殿は焼失、大仏も台座や下半身の一部を残して焼け落ちた。その後、大仏と大仏殿は俊乗房重源(ちょうげん)の尽力により再興され、文治元年(1185年)に大仏の開眼供養、建久6年(1195年)には大仏殿の上棟供養が行われた。この鎌倉復興大仏も永禄10年(1567年)の松永・三好の合戦によって再び炎上した。大仏殿の再建はすぐには実施されず、大仏は仮修理の状態のまま、露座で数十年が経過したが、江戸時代になって公慶上人の尽力により大仏、大仏殿とも復興した。現存する大仏の頭部は元禄3年(1690年)に鋳造されたもので、元禄5年(1692年)に開眼供養が行われている。大仏殿は宝永6年(1709年)に落慶したものである。
国宝。現存の大仏殿は寄棟造、本瓦葺き。一見2階建てに見えるが、構造的には一重裳階(もこし)付きで、正面5間、側面5間の身舎(もや)の周囲に1間の裳階を回している(「間」は長さの単位ではなく、柱間の数を表す建築用語)。高さ46.8メートル、間口57メートル、奥行50.5メートルで、高さと奥行は創建時とほぼ変わりないが、東西の幅は約3分の2に縮小されている。建築様式は、鎌倉時代に宋の建築様式を取り入れて成立した「大仏様」(だいぶつよう)が基本になっており、水平方向に貫(ぬき)を多用するのが特色である。江戸時代にはすでに巨材の調達が困難であったため、柱は芯材の周囲に桶状に別材を巻きつけた集成材(※建築の歩き方「東大寺編第二弾 金堂」)が用いられている。なお、しばしば「世界最大の木造建築物」として言及されるが、20世紀以降に近代的工法で建てられた木造建築には、大仏殿を上回る規模のものが存在する(秋田県大館樹海ドームなど)。
大仏の左右には脇侍として木造の如意輪観音坐像と虚空蔵菩薩坐像を安置。堂内北西と北東の隅には四天王のうちの広目天像と多聞天像を安置する。いずれも江戸時代復興期の像である。四天王のうち残りの2体(持国天増長天)は未完成に終わり、両像の頭部のみが大仏殿内に置かれている。堂内には他に明治42年(1909年)の日英博覧会用に製作された、東大寺旧伽藍の模型がある。
●大仏(盧舎那仏像)
詳細は「東大寺盧舎那仏像」を参照
国宝指定名称は「銅造盧舎那仏坐像(金堂安置)1躯」。像高は14.7メートルである。大仏は『華厳経』に説く盧舎那仏という名の仏である。盧舎那仏は「蓮華蔵世界」(『華厳経』の説く世界観)の中心に位置し、大宇宙の存在そのものを象徴する仏である。
●木造如意輪観音坐像・虚空蔵菩薩坐像(重文)
大仏の左右に脇侍として安置される。これらの像は大仏(銅造)とは異なり木造である。京都の仏師山本順慶一門と、大坂の仏師椿井賢慶一門らにより、30数年をかけて製作されたもので、江戸時代の代表的な仏教彫刻である。如意輪観音像は元文3年(1738年)ごろの完成、虚空蔵菩薩像は遅れて宝暦2年(1752年)の完成。
●金銅八角燈籠(国宝)
大仏殿の正面に立つ燈籠。たびたび修理されているが、基本的には奈良時代創建時のものである。火袋羽目板4面には楽器を奏する音声菩薩(おんじょうぼさつ)像を鋳出する。
金堂(大仏殿)・wikipedia-photo、多聞天像(金堂東北隅)・wikipedia-photo、広目天像(金堂西北隅)・wikipedia-photo、虚空蔵菩薩像・wikipedia-photo、如意輪観音菩薩像・wikipedia-photo、金銅八角燈籠・wikipedia-photo、金銅八角燈籠の音声菩薩像・wikipedia-photo  (wikipedia・東大寺より)]

[大仏殿の内部には大仏の鼻の穴と同じ大きさと言われる穴があいた柱があり、そこをくぐることを柱くぐりと言う。そこをくぐり抜けられればその年にいいことがある、あるいは頭が良くなるなどと言われている。
現在の建物は1879年(明治12年)から1915年(大正4年)までに修理が行われた。これは瓦の重量に屋根が耐えられなくなったためであり、内部に鉄のトラスを渡したうえ、瓦の重なり部分を少なくして瓦の数を減らすなどの対処が行われた。しかし雨漏りなどの問題が生じ、1973年(昭和48年)から1980年(昭和55年)に再修理が行われた。この際は現代の技術で軽量化された瓦が採用され、瓦の重なりは旧に復した。なお、1952年(昭和27年)3月29日に新国宝に指定されている。
「1190年(南都焼討後の再建)-1567年(東大寺大仏殿の戦い)の大仏殿の模型」・wikipedia-photo  (wikipedia・東大寺大仏殿より)]

東大寺大仏殿虹梁
[現在の東大寺の大仏殿の屋根を支える2本の虹梁(こうりょう)は、それぞれ長さ23.5メートルのアカマツが使われており、1704年(宝永元年)、日向国の白鳥神社から大和国の東大寺まで延べ10数万人が参加し9ヶ月をかけて運搬された。運搬の様子は「大仏殿虹梁木曳図」(明誉古礀筆、東大寺蔵)に描かれている。
1905年(明治38年)から1911年(明治44年)にかけての修繕作業において虹梁が約50センチメートル曲がっていることがわかり鉄骨で補強されている。  (wikipedia・東大寺大仏殿虹梁より)]

東大寺境内図

和州奈良之圖(天保15・1844年)」(絵図中央左上方向に東大寺大仏殿が描かれています。)

大和名所図会. 巻之1-6 / 秋里舜福 [著] ; 竹原信繁 画 」 – 「二月堂若狭井大佛殿」(1-27)

[大仏殿から二月堂方向の鳥瞰図です。]
大仏殿本尊盧舎那仏解説-1・右ページ中程過ぎより」(1-29)、「大仏殿本尊盧舎那仏解説-2・大佛殿明前金銅燈籠図」(1-30)

大仏殿本尊盧舎那仏解説-3」(1-31)、「大仏殿本尊盧舎那仏解説-4・右ページ鐘楼前まで」(1-32)

東大寺八角燈籠 – Google Map 画像リンク」、「賓頭盧尊者像 – Google Map 画像リンク」、「東大寺 – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向が金堂(大仏殿)で、反転方向が東大寺中門です。

八角燈籠前のカメラです。

金堂(大仏殿)前のカメラです。

大仏(盧舎那仏像)前のカメラです。

カメラ初期設定方向右が木造如意輪観音坐像、左が大仏(盧舎那仏像)です。

カメラ初期設定方向左が虚空蔵菩薩像、右が大仏(盧舎那仏像)です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*