東大寺指図堂

マーカーは東大寺指図堂です。

大仏殿の西にある。法然の画像を祀る堂で、建物は江戸時代末期のものである。鎌倉時代、大仏の復興に携わった俊乗房重源は、法然の推挙で大仏復興の大勧進職となった。この堂に復興大仏殿の指図(設計図)を納めたことから指図堂の名がついたという。もとこの堂にあった木造釈迦如来坐像(鎌倉時代、重要文化財)は奈良国立博物館に寄託されている。
指図堂・wikipedia-photo  (wikipedia・東大寺その他の主要堂宇より)]

東大寺境内図

東大寺指図堂前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*