東院庭園

マーカーは東院庭園の出入り口前です。

東院庭園
[発掘調査
1967年、平城宮東張出し部の南東隅に大きな庭園の遺跡が発見されました。この場所は『続日本紀』にみえる「東院」にあたることから、発見された庭園は「東院庭園」となづけられました。それまで奈良時代の庭園については古い文献からそのようすをうかがうのみでしたが、この発見を契機に発掘調査を継続した結果、庭園部分とその周辺一帯の様相がほぼあきらかになりました。東院庭園は東西80m×南北100mの敷地の中央に複雑な形の汀線をもつ洲浜敷の池を設け、その周囲にはいくつもの建物を配していたことが確認されたのです。
「東院」とは
平城宮は他の日本古代都城の宮殿地区には例のない東の張出し部を持ちます。この張出し部の南半は、奈良時代をつうじて「東宮」とよばれたようですが、孝謙天皇称徳天皇の時代にはとくに「東院」とよばれていました。称徳天皇はこの地に「東院玉殿」を建て、宴会や儀式を催しました。最近の研究では、光仁天皇の「楊梅宮」はもとより、聖武天皇の「南苑(南樹苑)」もこの場所を中心として営まれていたとする説があります。いずれも発掘された「東院庭園」と深く関わる施設でしょう。
復元整備の基本方針
 平城宮跡全体の整備は『特別史跡平城宮跡保存整備基本構想』(1978年、文化庁)に基づいて行われています。平城宮跡に設定されている4ヶ所の立体復原地区の一つが東院庭園であり、平城宮内で営まれた宴遊空間を再現することをめざしています。復原に際しての基本的な方針は以下の通りです。
1 奈良時代後半の庭園の姿及び建物を復原整備する。
2 遺構は保護のために土で覆い、その上に池、建物、橋、塀などを原寸大で復原するが、石組景石の一部は、実物を露出展示する。
3 出土した植物遺体などの発掘成果や文献資料をもとに、植裁樹種を選定し、古代庭園にふさわしい景観を復原する。
庭園地形の復元整備
 庭園地形の整備では地下に残っている遺構をきずつけないように、土盛による保護を原則としておこなっています。遺構の真上に復原建物や築地塀を建設する場合、40cmほど盛土して整備地盤面としました。一方池の部分では、地形そのものが遺跡であることから、景石や洲浜石敷の遺構そのものを見ていただきたいのですが、洲浜の遺構は大変壊れやすく露出に耐えないため、砂と不織布で覆って保護した上に遺構と類似した小石(経5~10cm程度)を厚さ10cm程度に敷き詰め、奈良時代の洲浜を再現しました。盛土の厚さによって生じる地盤高の差については、庭園の各所でなめらかに繋いで処理しています。露出している景石の表面は合成樹脂で強化し、割れていたものは接着して修復しました。景石が失われたと考えられる位置には、裏に補充年度を墨書きした石を新たに据えて、奈良時代のものと区別するようにしました。  (「東院庭園 – 平城宮跡 – 奈良文化財研究所ホームページ 」より)]

平城宮跡平面図(「スポットを楽しむ|国営飛鳥歴史公園事務所|国土交通省」より)

東院庭園 – Google Map 画像リンク」、「隅楼 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が復元東院庭園の出入り口で、カメラ南方向・築地塀の中央の門が復元東院建部門です。

復元東院庭園のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*