柿の葉ずし総本家平宗(奈良店)

マーカーは柿の葉ずし総本家平宗(奈良店)です。

柿の葉ずし総本家平宗(奈良店)
[創業1861
平宗は江戸時代末期、文久元年(1861年)。奈良は吉野上市村にて、すし・川魚・乾物の製造販売を始めました。
今から遡ること150余年、ちょうど坂本龍馬幕末の志士たちが活躍していた時代です。上市は室町時代から商業地として栄えたところ。伊勢街道筋にあり、山上詣・高野詣・伊勢詣の拠点であり、吉野川筋の奥の山里を商圏とした市場町・街道町でした。また日本三大美林の一つに数えられる吉野杉の集積地として材木市がたち、多くの買い付け人で賑わいました。明治に入ると平宗は料理旅館を営み、鮎料理・山菜料理などを提供するようになり、その一品として江戸時代中頃より夏祭りのご馳走として吉野の家庭で作られていた柿の葉ずしを遠来のお客様に振る舞いはじめます。
こうして、郷土の家庭料理であった柿の葉ずしが吉野の名物として商品化されていきます。  (「平宗の歴史 原点 – 柿の葉ずし総本家平宗」より)]

柿の葉寿司
[柿の葉寿司(かきのはずし)は、奈良県和歌山県、および石川県の郷土料理。奈良県・和歌山県と石川県では作り方・形状が異なる。
鯖・鮭・小鯛などが両地域で使用される主な材料(ネタ)だが、奈良県・和歌山県では穴子や椎茸、石川県では鰤を地域特有のネタとして使用している。
奈良県・和歌山県
一口大の酢飯に鯖や鮭・小鯛などの切り身と合わせ、柿の葉で包んで押しをかけたすし。食べるに当たって柿の葉は剥がして食べる。柿の葉は通常食べない。場所によっては、昆布を巻いてから柿の葉を巻くところもある。
柿の葉には殺菌効果があるといわれており、包むことにより(季節などにもよるが)数日程度の保存に適するようになる。柿の葉は、やわらかくするため、あるいは殺菌効果を高めるため、塩漬けにする場合がある。
また柿の葉は渋柿のほうが良いとされる。
なお、和歌山県では和歌山県推薦優良土産品に指定されている。
奈良県、和歌山県内のJR線、近鉄線の主要駅(近鉄の場合は主に特急停車駅)で販売されている。また近鉄特急の車内販売でも発売されていた。
柿の葉寿司(奈良・和歌山)・wikipedia-photo  (wikipedia・柿の葉寿司より)]

平宗 奈良店 – Google Map 画像リンク

柿の葉ずし総本家平宗(奈良店)のストリートビューです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*