森家住宅

マーカーは森家住宅です。

森家住宅
[旧市街である奈良町地区にある町家です。南隣に奈良県指定有形文化財・細川家住宅がありますが、森家住宅はもとは細川家の隠居所であったと伝えられています。形式・手法から、明治20年代(1887-96)頃の建築とみられます。
 南側を通り土間とし、北側に4つの居室を1列に並べています。通り土間は居室部より奥行が短く、屋根が一段低くなっています。正面の丸太格子は奈良の町家にみられる特色のひとつで、「奈良格子」とも呼ばれます。
 居室は、壁を青竹色の色土(いろつち)で仕上げ、ミセノマを網代(あじろ)天井として茶室風に造り、床柱(とこばしら)等に皮付き丸太を用いるなど、随所に数寄屋(すきや)趣味が見られます。奥の庭に面するザシキの西と南に縁を設け、南縁上方の屋根を入母屋造としています。
 平成23年(2011)に半解体修理工事が竣工し、丸太格子や通り土間が復原されるなど、ほぼ建築当初の姿がよみがえりました。  (「森家住宅 – 奈良市」より)]

カメラ西南西方向が森家住宅です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*