滝坂の道(旧柳生街道)地獄谷方面分岐

マーカーは滝坂の道(旧柳生街道)地獄谷方面分岐です。

滝坂の道(旧柳生街道)
[柳生街道の起源は定かではないが、鎌倉時代初期には存在したとする説がある。街道のうち奈良市高畑町から山中へと入り、能登川沿いを上る石畳の坂道を「滝坂の道」または「滝坂道」と呼ぶ。滝坂の道の石畳は江戸時代奈良奉行が命じて敷かせたとも、それ以前からあったとも伝わる。道のほとりの能登川は細かな滝を作って流れ落ちる。沿道にはいくつかの磨崖仏が残る。奈良側から石切峠までの間に寝仏、滝坂地蔵と三体地蔵、夕日観音朝日観音首切地蔵がある。首切地蔵は江戸時代の剣豪荒木又右衛門が試し斬りをした伝説がある。街道は首切地蔵付近で能登川から離れ、石切峠(標高470m)までの間は上りが続き、峠までの間に春日山石窟仏(国の史跡)がある。奈良奥山ドライブウェイ東側に超え、街道より南に下った谷に地獄谷石窟仏(国の史跡)が存在する。街道は誓多林、忍辱山、大柳生、阪原を経て柳生へと至る。  (wikipedia・柳生街道より)]

滝坂の道(旧柳生街道)地獄谷方面分岐
[道標には「直進”首切地蔵まで1km”」、「左折”地獄谷を通り「首切地蔵まで1.4km”」と道路標識に書かれている。  (「奈良柳生街道滝坂の道」より)]

カメラ南東方向が地獄谷方向になります。