猿田彦神社

マーカーは猿田彦神社です。

猿田彦神社
[猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)は、奈良県奈良市今御門町にある神社。道祖神社とも呼ばれる。
平城天皇の御代に元興寺境内に創祀されたと伝わる。宝徳2年(1450年)元興寺の大火後、再々の火難に類焼し、現在の小祠となった。
一説には、橘奈良麻呂の乱で無実の罪で獄死した道祖王の怨霊を恐れ、祀られたのが始めともいう。
往古より道祖神、賽神・妻神、開運の神として近在の信仰を集め、商売繁盛、開運招福、良縁・安産の神として名高い。古歌に、本社に願をかけた『村のよめ 道祖神に 願をかけ』(明和年間)というものがある。
境内
本殿の右に神楽所がある。
鳥居、玉垣の中に大きい陽石があり、荒神、賽の神として勝負の守護神となっている。
猿田彦神社(道祖神社)・wikipedia-photo、本殿・wikipedia-photo、陽石・wikipedia-photo  (wikipedia・猿田彦神社_(奈良市)より)]

猿田彦神社・道祖神 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向が猿田彦神社です。