白毫寺

マーカーは白毫寺です。

白毫寺
[白毫寺(びゃくごうじ)は、奈良県奈良市白毫寺町にある真言律宗の寺院。本尊は阿弥陀如来。開基(創立者)は勤操(ごんそう)と伝える。奈良市街地の東南部、春日山の南に連なる高円山の山麓にあり、境内から奈良盆地が一望できる景勝地に建つ寺である。関西花の寺二十五霊場第18番(萩)。なお、寺号の「白毫」は、仏の眉間にある白い巻毛のことである。霊亀元年(715年)、天智天皇の第7皇子である志貴皇子の没後、天皇の勅願によって皇子の山荘跡を寺としたのに始まると伝えられる。また、かつてこの高円山付近に存在した石淵寺(いわぶちでら)の一院であったともいう。石淵寺は空海剃髪の師であった勤操が建てたとされる寺院である。鎌倉時代になって西大寺叡尊によって再興され、叡尊の弟子である道照が将来し経蔵に収めた宋版一切経の摺本によって、一切経寺とも呼ばれ繁栄した。室町時代に兵火で建物が焼失し衰退するが、江戸時代寛永頃に興福寺の空慶により復興される。境内には他に御影堂、宝蔵、石庭、椿園、万葉歌碑などがある。重要文化財指定の仏像は本堂から宝蔵に移されている。白毫寺にはかつて室町時代建立の多宝塔があったが、1917年(大正6年)に人手に渡り、移築された。移築先は長らく不明とされていたが、兵庫県宝塚市切畑長尾山の個人所有の山荘に移築されていたことが後に判明した。この多宝塔は2002年3月19日、移築先の山火事で全焼した。
萩の花が両側を覆う参道・wikipedia-photo、参道・wikipedia-photo、本堂・wikipedia-photo  (wikipedia・白毫寺より)]

白毫寺境内図(「関西花の寺第十八番 白毫寺」より)

高円山 白毫寺 – Google Map 画像リンク」、「白毫寺御影堂 – Google Map 画像リンク」、「白毫寺寳蔵 – Google Map 画像リンク」、「奈良市展望図(展望台) – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が白毫寺参道です。

白毫寺山門前のカメラです。

白毫寺入口受付前のカメラです。

白毫寺本堂前のカメラです。

白毫寺展望台のストリートビューです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*