秋篠寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    秋篠寺
    [秋篠寺(あきしのでら)は、奈良県奈良市秋篠町にある寺院。本尊薬師如来。開基(創立者)は奈良時代法相宗の僧・善珠とされている。山号はなし。宗派はもと法相宗と真言宗を兼学し、浄土宗に属した時期もあるが、現在は単立である。伎芸天像と国宝本堂で知られる。奈良市街地の北西、西大寺の北方に位置する。
    歴史
    寺は奈良市街地の北西、西大寺の北方に位置する。奈良時代の法相宗の僧・善珠の創建とされ、地元の豪族秋篠氏の氏寺とも言われているが、創建の正確な時期や事情はわかっていない。宝亀7年(776年)、光仁天皇の勅願により善珠が創建したともいうが、これは鎌倉時代の文書にみえるものである。文献上の初見は『続日本紀』に宝亀11年(780年)、光仁天皇が秋篠寺に食封(じきふ)一百戸を施入したとあるもので、この年以前の創建であることがわかる(食封とは、一定地域の戸(世帯)から上がる租庸調を給与や寺院の維持費等として支給するもの)。『日本後紀』によれば、延暦25年(806年)に崩御した桓武天皇の五七忌が秋篠寺で行われたことが見え、天皇家とも関連の深い寺院であったことがわかる。
    秋篠寺は平安時代後期から寺領を増大させ、南に位置する西大寺との間にはたびたび寺領をめぐる争論があったことが、西大寺側に残る史料からわかる。
    保延元年(1135年)には火災により講堂以外の主要伽藍を焼失した。現存する本堂(国宝)は、旧講堂の位置に建つが、創建当時のものではなく、鎌倉時代の再建である。
    境内
    拝観入口は東門になっているが、本来の正門は南門である。南門と本堂の間には、雑木林の中に金堂、東西両塔の跡があり、それぞれ礎石が残っている。
    ●本堂(国宝) – 鎌倉時代の建立で、当時の和様仏堂の代表作の1つである。桁行(正面)5間、梁間(側面)4間(「間」は長さの単位ではなく、柱間の数を意味する用語)。屋根は寄棟造、本瓦葺き。堂の周囲には縁などを設けず、内部は床を張らずに土間とする。正面の柱間5間は中央3間を格子戸、左右両端の間を連子窓とする。全体に保守的で簡素な構成で、鎌倉時代の再建でありながら奈良時代建築を思わせる様式を示す建物である。和様建築では柱上部の頭貫(かしらぬき)以外には貫を用いず長押を使用するのが原則だが、この建物では内法長押(うちのりなげし)の下に内法貫を使用し、内部の繋虹梁(つなぎこうりょう)も身舎(もや)側では柱に差し込むなどの新技法が使われている。なお、建物内部の柱にも風蝕痕が残ることなどから、建立当初は建物前面の左右5間・奥行1間分を、壁や建具を入れない吹き放しとしていたと推定される。堂内には本尊薬師三尊像(重文)を中心に、十二神将像、地蔵菩薩立像(重文)、帝釈天立像(重文)、伎芸天立像(重文)などを安置する。
    ●香水閣 – 本堂東側、東門近くにある井戸。平安時代の初め、僧常暁が当時の閼伽井の水面に映る大元帥明王像を感得したという故地である。
    ●大元堂 – 本堂西側。秘仏の大元帥明王像を安置する。
    ●八所御霊神社 – 南門の外にあり、早良親王など八柱を祀る。
    秋篠寺南門・wikipedia-photo、秋篠寺東門・wikipedia-photo、本堂(国宝)・wikipedia-photo、本堂平面図・wikipedia-photo  (wikipedia・秋篠寺より)]

    秋篠寺境内図(「[仏 閣] 中項目・目次 HPのトップへ 1.滋賀・和歌山 2.中国 …」より)

    (拡大図)

    大和名所図会. 巻之1-6 / 秋里舜福 [著] ; 竹原信繁 画」・「秋篠里」(3-7)、「秋篠寺、秋篠里、外山里解説」(3-8)

    [挿図に描かれているのは、民家の玄関先で(きぬた=布を叩いて柔らかくしたり、しわを伸ばしたりする道具)で衣を打つ3人の女性たち。布を柔らかくし、つやを出すための砧打ちの音は、今では聞かれない音ですが、江戸時代には秋の風物詩だったのでしょう。女性たちの仕事は日が暮れても続けられたようで、左上にはやや楕円をした月が浮かんでいます。「ながき夜の生駒おろしや寒からむ 秋篠の里に衣打つなり」。生駒おろしの風が吹く夜の砧打ち作業の様子を詠んだ歌が絵中に添えられています。その歌の通り、秋篠の里から西を望むと生駒山が横たわります。  (「『大和名所図会』今昔めぐり ⑫秋篠里」より)]

    南門 – Google Map 画像リンク」、「東門 – Google Map 画像リンク」、「秋篠寺本堂 – Google Map 画像リンク」、「鐘楼 – Google Map 画像リンク」、「秋篠寺 大元堂 – Google Map 画像リンク」、「秋篠寺 – Google Map 画像リンク

    カメラ西北西方向が秋篠寺東門です。

    カメラ北方向が秋篠寺南門です。

    カメラ北北西方向が本堂で、本堂右に鐘楼があり、カメラ西南西方向・右が開山堂、左が大元堂です。

    八所御霊神社拝殿前のカメラです。