第一次大極殿正殿

マーカーは平城宮跡・第一次大極殿正殿です。

第一次大極殿正殿
[大極殿(だいごくでん)は、古代の朝廷正殿。宮城(大内裏)の朝堂院の北端中央にあり、殿内には高御座(たかみくら)が据えられ、即位の礼や国家的儀式が行われた。中国の道教では天皇大帝の居所をいう。「大極殿」の名は、万物の根源、天空の中心を意味する「太極」に由来する。すなわち、帝王が世界を支配する中心こそ「大極殿」の意である。
恭仁京(くにきょう)遷都までの大極殿を第一次大極殿、平城京に都が戻ってからの大極殿を第二次大極殿という。第一次大極殿は平城宮の正門である朱雀門の真北に位置し、第二次大極殿は平城宮東寄りの壬生門北に位置している。第二次大極殿跡は近世まで「大黒(ダイコク)の芝」と呼ばれた基壇が残っていた。この命名は、平城京遷都当初は朱雀門北の地域に大極殿が設けられたものの、恭仁京大極殿の規模と一致するところから745年(天平15年)に壬生門北に移動したものと考えられたためであったが、第二次大極殿跡の下層から掘立柱建物の遺構が検出され、それが大極殿・朝堂院と同じ建物配置をとることから、結局、奈良時代の前半には朱雀門北の広大な前庭をもち朝堂2堂をともなう第一次大極殿(中央の大極殿)と壬生門北の朝堂12堂よりなる太政官院のさらに北にある内裏南面の大極殿(東側の大極殿)の2棟あることがわかった。
中央の第一次大極殿の周囲は築地塀回廊で囲まれ、南の朝堂区域とつながる「閤門」があった。この区域は「大極殿院」と呼ばれる。広い前庭をともない、前庭から1段高い位置に大極殿が建設されているが、これは平安宮の龍尾壇(竜尾壇 りゅうびだん)の原型と考えられる。正月元日には大極殿前庭に七本の宝幢(ほうどう)が立てられ諸臣の朝賀が行われた。他に、即位式や外国使節謁見などの朝儀の空間として使用されていたと考えられる。元正天皇聖武天皇の即位も大極殿院でおこなわれている。
それに対し、第二次大極殿下層の東側大極殿は、日常の朝政にあたる空間だったと考えられ、このような機能分化は、長安城の太極宮太極殿と大明宮含元殿の影響を受けたものと指摘される。
奈良建都1300年に当たる2010年に合わせ、平城宮跡に第一次大極殿が実物大で復元された。(→平城遷都1300年記念事業
復元された平城宮第一次大極殿の屋根には、中国古代建築の類例に倣い、大棟中央飾りが設置されている。ただし、これまで平城宮跡からは大棟中央飾金具の出土例がない。そのため、奈良時代前後の事例および資料の収集調査を通じ、この金具の意匠設計を進めたという。 宝珠形の大棟中央飾りの類例として、初唐の敦煌莫高窟第338窟壁画の邸宅(宮殿?)、隋の訓西西安出土仏殿形式石棺などがある。

大極殿南の復元門・wikipedia-photo

復元された第一次大極殿・wikipedia-photo

復元された第一次大極殿の内部・wikipedia-photo

復元された第一次大極殿の内部・wikipedia-photo

復元された高御座・wikipedia-photo

  (wikipedia・大極殿より)]

平城宮跡平面図(「スポットを楽しむ|国営飛鳥歴史公園事務所|国土交通省」より)

第一次大極殿 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が復元第一次大極殿正殿です。

カメラ西方向が復元第一次大極殿正殿です。

復元第一次大極殿正殿高御座前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*